阪神、今季5度目のサヨナラ負け…打線が追加点奪えずセーブ失敗の岩崎1敗目

7

2022年05月17日 21:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真阪神・矢野監督 (C)Kyodo News
阪神・矢野監督 (C)Kyodo News
○ ヤクルト 2x − 1 阪神 ●
<10回戦・神宮>

 阪神は1点リードを守れず今季5度目のサヨナラ負け。連勝は2で止まり、再び借金13となった。

 先発の西勇は、バックの好守にも助けられながら6回4安打無失点と好投。1点リードの7回は渡邉とアルカンタラでゼロを刻み、8回は4番手・湯浅がピンチを脱しゼロを並べた。

 しかし1点リードの9回、抑えの岩崎が一死一、三塁のピンチを招き、6番・青木に同点打を浴びた。なおも一死二、三塁で、続くオスナには右犠飛。三塁走者の生還を許し逆転サヨナラ負けを喫した。

 打線は5回、7番・糸原が1号ソロを右翼席へ運び先制。しかし、6回以降は無安打と次の1点を奪えず、サヨナラ犠飛を許した岩崎は今季初黒星(1勝5セーブ)を喫した。

このニュースに関するつぶやき

  • 打てない打線が悪い。以上!
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定