間宮祥太朗“剛”、暴啾析此反愼癲匹離筌个づ狙發鯤垢…

0

2022年05月18日 06:01  TVerプラス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TVerプラス

間宮祥太朗が主演を務める『ナンバMG5』(フジテレビ系、毎週水曜22:00〜)の第5話が、5月18日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

小沢としおの「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化した本ドラマは、筋金入りのヤンキー一家・難破(なんば)家の次男・剛(つよし/間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという、高校“逆”デビュー物語。

先週放送された第4話では、剛はたまたま書店で無理やり万引きをさせられている男子生徒・関口正宏(岩男海史)を見つける。彼を追いかけて「何か困っているのかな」と語りかける剛を「お前には関係ないだろう!」と関口は突っぱねる。しかし剛は、どうしても放っておくわけにはいかなかった。彼こそ、剛が脱ヤンキーを決意する大きな理由となった存在で……というストーリーが展開された。

<第5話あらすじ>
難破剛(間宮)が帰宅すると、見知らぬ男が家に上がりこんでいた。剛のツレだとうそぶくその男の正体は、他校のヤンキーたちからも恐れられている市松高校のアタマ・陣内一久(暴啾析此砲世辰拭J譟Ε淵ミ(鈴木紗理奈)の手料理でもてなされた陣内は、帰り際、剛の兄・猛(満島真之介)から名前を尋ねられる。陣内は、そこで初めて名を名乗ると、途中まで送るといって一緒に難破家を出た剛に対し「調子に乗るなよ、特服」と言い放つ。

一方、剛の妹・吟子(原菜乃華)は、高浜一中3年の佐藤淳一(小田将聖)と知り合う。佐藤が吟子の後をつけていると勘違いした難破家の愛犬・松が、吠えたことがきっかけだった。佐藤と親しくなった吟子は、ひょんなことから彼に勉強を教えてもらうことになる。が、実は佐藤はヤンキー嫌いらしく……。

そんな折、伍代直樹(神尾楓珠)、大丸大助(森本慎太郎)と一緒にラーメン店に立ち寄った剛は、陣内が訪ねてきたことを打ち明ける。伍代から、陣内が市松のアタマだと教えられて驚く剛。続けて伍代は、陣内に関する数々の“ヤバい伝説”を剛たちに話して聞かせる。
    ニュース設定