池田エライザがドロンジョ役!彼女が悪に染まるまで描くドラマ 「DORONJO」で主演

1

2022年05月18日 06:03  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「タツノコプロ創立60周年記念 WOWOWオリジナルドラマ DORONJO」ティザービジュアル
「タツノコプロ創立60周年記念 WOWOWオリジナルドラマ DORONJO」ティザービジュアル
「タツノコプロ創立60周年記念 WOWOWオリジナルドラマ DORONJO」にて池田エライザが、のちにドロンジョを名乗ることになる主人公・泥川七音(どろかわなお)役を演じることが決定した。

【大きな画像をもっと見る】

アニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」のキャラクター・ドロンジョを主役としたドラマ「タツノコプロ創立60周年記念 WOWOWオリジナルドラマ DORONJO」。今作ではドロンジョが、悪に手を染めるに至った壮絶な過去や知られざる生き様が描かれる。貧しく過酷な環境下を生きる主人公の七音は、肉体同士が激しくぶつかり合う真剣勝負の闘いの場に自分の存在価値を唯一見出しているというキャラクター。そんな彼女の身に、次々と衝撃的な悲劇が訪れることになり……。併せて公開されたキャラクタービジュアルでは、凛々しい表情をした七音の左足に、武骨な作りの機械式の“義足”が装着されている。また七音とドロンジョの影が重なり合ったティザービジュアルも公開された。

池田からはコメントも到着。池田は役作りについて「生きるために戦う。それが正義か悪かなど考える余地もない。追い詰められた七音に寄り添う過程で簡単なことなど何一つありませんでした」と語り、「生きる意味を考えすぎてしまうこの世の中で、本能剥き出しで明日に向かって足掻いていくこのキャラクターを演じることができてとても幸せでした」とメッセージを送った。

また一部スタッフも公開に。脚本で映画「桐島、部活やめるってよ」や、最近では舞台「呪術廻戦」の脚本も手がける喜安浩平、監督・脚本で「ミスミソウ」「許された子どもたち」などで知られる内藤瑛亮らが参加する。

■ 池田エライザ(泥川七音役)コメント
七音という役柄に向き合う日々は、心身共に過酷の連続でした。生きるために戦う。それが正義か悪かなど考える余地もない。追い詰められた七音に寄り添う過程で簡単なことなど何一つありませんでした。戦いの場に上がる時も、絶望の淵に立たされた時でさえも、心の中で轟轟と燃える七音の闘心はきっと誰かに希望を与えてくれると思います。生きる意味を考えすぎてしまうこの世の中で、本能剥き出しで明日に向かって足掻いていくこのキャラクターを演じることができてとても幸せでした。是非、たくさんの方にご覧いただきたいです。

■ 「タツノコプロ創立60周年記念 WOWOWオリジナルドラマ DORONJO」
出演:池田エライザ
原作:「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」(タツノコプロ)
脚本:喜安浩平、内藤瑛亮、大塩哲史、佐東みどり
監督:内藤瑛亮、横尾初喜
音楽:有田尚史
プロデューサー:山田雅樹、小林祐介、星野恵
制作協力:dub
製作著作:WOWOW AX-ON

このニュースに関するつぶやき

  • 小原ドロンジョは「コケティッシュなのにコミカル」。深田ドロンジョは「見た目セクシーなのに動くとかわいい」。喜多村ドロンジョ「幼くてりりしい」。みんな二面性を持ってる。さて、池田ドロンジョは?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定