『攻殻機動隊 SAC_2045』新人類“ポスト・ヒューマン”との壮絶な戦いに期待高まる本編映像

0

2022年05月18日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真Netflixシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン2、5月23日より全世界独占配信 (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
Netflixシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』シーズン2、5月23日より全世界独占配信 (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会
 Netflixで来週23日より全世界独占配信される人気アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』のシーズン2より、草薙素子率いる公安9課と、物語の鍵を握るポスト・ヒューマン、シマムラタカシの姿が映し出された本編映像が解禁された。スピード感あふれるサイバーパンクアクションと、先の読めない展開は、公安9課と人類の脅威であるポスト・ヒューマンの壮絶な戦いと、シーズン2で巻き起こる波乱の物語への期待を感じさせる映像となっている。

【動画】『攻殻機動隊 SAC_2045』本編映像

 1989年に『ヤングマガジン増刊 海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作コミックを発表、連載開始以来、押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)をはじめ、アニメーション、ハリウッド実写映画などさまざまな作品群を構成し、世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。

 その最新作となるアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』は、「攻殻」史上初となるフル3DCGアニメーションとなり、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズを手がけた神山健治監督と、「APPLESEED」シリーズを手掛けた荒牧伸志監督によるダブル監督のもと、Production I.G × SOLA DIGITAL ARTSにより制作。田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ほか『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズのオリジナルキャストが再集結し、シーズン1が2020年4月より配信されている。

 解禁された本編映像は、電脳社会に突如出現した新人類“ポスト・ヒューマン”による電脳犯罪を阻止すべく、再び組織された公安9課の任務が重要な局面を迎えるシーン。元本庁刑事で、一時は公安9課の隊長を務めたトグサが搭乗する、多脚思考戦車“タチコマ”による銃撃戦がスピーディーに繰り広げられ、立体感とリアルさを感じられるアクションが見どころ。

 さらに、公安9課メンバーがポスト・ヒューマンのシマムラタカシを保護して移送するシーンでは、突如目を覚ましたタカシと繰り広げられる激しい肉弾戦に、ポスト・ヒューマンの強大な力を見ることができる。

 シーズン2のキーパーソンである、新生公安9課でタチコマのメンテナンス等を担当するピンクの髪色をした新メンバー、江崎プリンの姿や、ラストには素子の姿も観ることができる。


動画を別画面で再生する



    オススメゲーム

    ニュース設定