iPhoneのカメラで「SNSアイコンに適した写真」を撮影する方法

0

2022年05月18日 10:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真試しにタップする場所以外を暗く編集した。赤枠で囲まれている部分をタップする(画像では16:9と表示されているが、標準では4:3と表示されているはずだ)
試しにタップする場所以外を暗く編集した。赤枠で囲まれている部分をタップする(画像では16:9と表示されているが、標準では4:3と表示されているはずだ)

 iPhoneのカメラアプリは、設定で縦横比(アスペクト比)を変えられる。この機能を使えば、SNSでアイコン用に使える画像や、iPhoneやPCの壁紙に使える画像を手軽に撮影できる。iPhoneの下側を右手に持って横持ちした状態で解説しよう。



【その他の画像】



 設定は画面左側の「<」マークをタップすると開ける。「4:3」の字をタップすると「16:9」「スクエア」の項目が表示されるので、これらをタップすればアスペクト比を変えられる。それぞれの項目を選択すると撮影範囲がグレーやブラックの枠で切り出されるため、「今どんな範囲を撮影しようとしているか」が分かりやすい。



 冒頭に述べた通り、16:9はiPhoneやPCの壁紙に使いやすいサイズだ。YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サイトで使われるサムネイルの比率でもある。スクエアの比率は1:1の正方形なので、SNSのアイコンに最適だ。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定