「村井の恋」7話、高橋ひかる“彩乃”&宮世琉弥“村井”の頬キスには「ほっぺにキスで済んでよかった」、伊藤あさひ“桐山”には「いい子過ぎる」の声

0

2022年05月18日 11:22  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「村井の恋」第7話(C)島順太(KADOKAWA刊)/「村井の恋」製作委員会
「村井の恋」第7話(C)島順太(KADOKAWA刊)/「村井の恋」製作委員会
高橋ひかると宮世琉弥が共演する「村井の恋」の7話が5月17日深夜放送。高橋さん演じる彩乃と宮世さん演じる村井の“頬キス”に様々な反応が寄せられるなか、伊藤あさひ演じる桐山に「いい子過ぎる」など好感が集まっている。

乙女ゲーム「恋する戦国恋絵巻」の春夏秋冬(ヒトトセ)が推しキャラで、彼にそっくりな自分の生徒・村井に惹かれていく田中彩乃に高橋さん。学年主任の山門に彩乃との仲を疑われて、大人しくして様子をうかがっている村井に宮世さん。彩乃の“脳内”に登場する春夏秋冬は宮世さんが演じて梶裕貴が声を担当。

村井の親友で村井の幼馴染み・弥生に恋する平井真理に曽田陵介。ストリート系ファッション好きで、彩乃と村井の仲を気遣う桐山暁文に伊藤あさひ。村井の幼馴染みでずっと村井のことが好きだった福永弥生に原菜乃華。

彩乃が教師をしている建部学園高等学校2年の学年主任で、彩乃と村井の関係を疑っている山門由希に浅香航大。その他、西藤仁美に莉子。西藤悠加に鶴嶋乃愛。芹澤興人、神谷圭介(テニスコート)、斉藤慎二(ジャングルポケット)らも出演する本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

建部学園真冬ガチキャンプの日がやってくる。山道を進むなか彩乃と村井は迷子に。2人きりになった彩乃はどうして自分が好きなのかと村井に質問。村井はそれに答えずなぜ春夏秋冬を好きになったのか逆質問。そこに2人を探しに来た山門の声が聞こえる。山門と何かあったのかと問う村井に「何かあっても言うわけない。あなたは生徒だから」と答える彩乃。すると村井は彩乃をバックハグし「もしも僕が生徒じゃなかったら、僕たちはどうなっていたと思いますか」と問いかける…。

「透明感しかない2人の、森林でのバックハグはその場からマイナスイオン出てそう」などの声が上がるなか、ラストでは山門が彩乃のもとを離れた隙に、村井が彩乃の前に現れ「好きです。彩乃さん」と“ファーストネーム呼び告白”。「困らせてばかりですみません!あきらめる才能がなくてすみません!」と叫ぶと彩乃の頬にキスする。

高校生である村井の“精一杯”ともいえる頬へのキスに「ほっぺにキスが良かった」「ほっぺにキスで済んでよかった」など様々な反応が上がる。

一方、今回は桐山に対し「友だちの為に暗躍するキリ君、いい子過ぎる」「キリはいいヤツだなぁ。村井のこともだけど、平井のこともちゃんと気にかけてる」など、友人想いな彼に好感を抱いた視聴者からのコメントも数多く寄せられている。

【第8話あらすじ】
突然頬にキスしてきた村井に呆然としてしまう彩乃だったが、それが写真に撮られていた。しかも教頭 (小松利昌) のカメラだったということもあり、彩乃は教頭に呼び出されていた。教師生命が危ぶまれた彩乃だったが、桐山と山門のファインプレーにより誤解は解消。しかし山門が「田中と交際している」と言ったのを聞いた村井はショックを受け、救急車で運ばれてしまう…。

「村井の恋」は毎週火曜深夜24:58〜TBS系にて放送中。



(笠緒)
    ニュース設定