高地優吾&生駒里奈 恋人役で共演、中村芝翫主演『夏の夜の夢』メインキャスト決定

2

2022年05月18日 12:00  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

このたび、2022年9月6日(火)〜28日(水)日生劇場にて上演される、舞台『夏の夜の夢』のメインキャスト・公演日程が決定した。



2018年9月に、新橋演舞場で上演し好評を博した『オセロー』のキャスト・スタッフが再集結し、日生劇場で新たなシェイクスピア戯曲に挑む。前作の悲劇から一転、今回は、シェイクスピア作品を代表する傑作喜劇である『夏の夜の夢』を上演する。

主演は、舞台のみならず映画・ドラマなど幅広く活躍する歌舞伎俳優・中村芝翫。演出は蜷川幸雄の助手を長年勤めた井上尊晶、翻訳は日本を代表するシェイクスピア研究家である河合祥一郎、そして作品を鮮やかに彩る音楽には松任谷正隆という、魅力的な布陣が手掛ける舞台に注目だ。


16世紀末にシェイクスピアによって生み出された本作は、海外はもちろん、日本国内でも幾度となく上演されてきた。今回、原作の役名や台詞はそのままに、世界観を日本に移した新演出となる。また、中村芝翫が妖精の王オーベロンと公爵テーセウスの2役に挑む。


出演は、オーベロンの妻ティターニアに数々の演劇・映像作品で幅広い役柄を演じ分けてきた南果歩、職人のニック・ボトムには印象に残る芝居で観るものを惹きつける宇梶剛士。青年ライサンダーにSixTONESのメンバーとしてバラエティでも人気を博し、ジャニーズ公演以外の舞台に初出演となる高地優吾、ライサンダーの恋人ハーミアに乃木坂46を卒業後、女優として活躍の場を広げ続ける生駒里奈、ハーミアに恋するディミートリアスに2.5次元ミュージカルやファミリー向け番組で様々な世代の支持を得る元木聖也、ディミートリアスに片想いするヘレナに実力派女優として注目を浴びる堺小春。さらに、中村松江、林佑樹、プリティ太田、鳥山昌克、大堀こういち、原康義と、個性豊かな面々が揃った。また、オーディションで選ばれた加藤岳、野林万稔がパック役をWキャストで演じる。


魅力溢れる俳優陣が贈る“愛の喜劇”に期待が膨らむ。


<あらすじ>
年頃の娘ハーミア(生駒里奈)は青年ライサンダー(高地優吾)と恋仲。だが、彼女の父はディミートリアス(元木聖也)という男に娘をやりたいと思っていた。ある日公爵テーセウス(中村芝翫)から、父の命に従わないのであれば、死刑か生涯修道院で過ごすことになると言い渡されたハーミアは、ライサンダーと駆け落ちすることにする。ハーミアに恋するディミートリアスは森へと向かい、彼に片思いするヘレナ(堺小春)もその後を追う。

一方森では、妖精の王オーベロン(中村芝翫)と女王ティターニア(南果歩)がお気に入りの小姓をめぐって仲違いをしていた。機嫌を損ねたオーベロンは妖精に、目覚めて最初に目にしたものに恋してしまう「恋の三色すみれ」の花の汁を取りに行かせ、それを塗られたティターニアは職人のニック・ボトム(宇梶剛士)に惚れ込んでしまう。

妻にいたずらをする傍ら、オーベロンはディミートリアスとヘレナを見かけ、無碍にされるヘレナを哀れに思い、花の汁を使うようパックに命じる。しかしパックはディミートリアスではなくライサンダーの目に花の汁を塗ってしまい、目覚めたライサンダーはヘレナに愛を誓い始める。パックの間違いに気付いたオーベロンがディミートリアスに花の汁を塗ったため、二人がヘレナを取り合って大混乱に……一体どうなる!?




■『夏の夜の夢』
【日程】2022年9月6日(火)〜28日(水)
【会場】日生劇場
【配役】
オーベロン/テーセウス:中村芝翫

ティターニア/ヒポリュテ:南果歩

ライサンダー:高地優吾(SixTONES)
ハーミア:生駒里奈
ディミートリアス:元木聖也
ヘレナ:堺小春

イジーアス:中村松江
パック:加藤岳/野林万稔(Wキャスト)
フランシス・フルート:林佑樹
ロビン・スターヴリング:プリティ太田
スナッグ:鳥山昌克
トム・スナウト:大堀こういち
ピーター・クインス:原康義

ニック・ボトム:宇梶剛士

【作】W.シェイクスピア
【訳】河合祥一郎
【演出】井上尊晶
【音楽】松任谷正隆
【主催】松竹株式会社


※高地優吾の「高」の正式表記ははしご高

    ニュース設定