古谷徹「降谷が何回も飛ぶのも見どころ」 映画『名探偵コナン』警察学校組キャスト集結 最新場面カット公開

7

2022年05月18日 12:44  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』場面写真(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』場面写真(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
 映画『名探偵コナン』シリーズ最新第25作『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』(公開中)から、古谷徹(降谷零/安室透役)、神奈延年(松田陣平役)、三木眞一郎(萩原研二役)、緑川光(諸伏景光役)、東地宏樹(伊達航役)による鼎談(ていだん)の後編と、撮りおろしスチール・最新場面カットが解禁された。

【写真】個性豊かな”警察学校組”キャスト集合カット

 今作が伊達として初めてのアフレコとなった東地は「皆さんと一緒にアフレコできるという事がまずすごいことですし、これはもうやるしかないなと思いました。ご時世柄、普段だったらマイクは2〜3本くらいで、5人全員いっぺんに録るということは出来ないんですけど、今回はスタジオが分かれていて、遠隔操作でみなさんの声を聴きながら一緒にアフレコすることが出来たので良かったなと。キャラクターに対する各々のアプローチも知ることができましたし、個性が強いメンバーのリーダーシップをとらなくてはいけない役なのでやりがいもありますし、とにかく強くいなくてはいけないんだという事を改めて感じることが出来ました」とコメント。

 松田役の神奈は「僕はとにかく緊張していました。カタカタって震える音が入るんじゃないかってくらい(笑)。とにかく古谷さんとご一緒出来るという喜びと、緊張でいっぱいでしたね。そして同じ時間を沢山過ごしてきた同期の三木君と緑川君、洋画の現場でご一緒させていただくことも多かった東地さんと一緒に収録することが出来てうれしかったです」と、とにかく緊張していた様子。そんな神奈の緊張をほぐすために、降谷(安室)役の古谷徹がある行動をとった話や、神奈と同期だという諸伏役の緑川が感じていたことなど、5人一緒に収録したアフレコの様子を明かした。

 さらには、今作を演じた上で感じたキャラクターの魅力や、警察学校組の関係性について萩原役の三木は「萩原はとにかく人当たりが良いやつ。周りの空気を敏感に感じ取って、嫌な気持ちにさせることなく、距離感を絶妙に縮めることが出来る男だと思います。この5人をみていると、時間の長さだけではなくて、付き合い方の密度が大事なんだと改めて感じました。あと、彼らは自分の為にというよりも、誰かの為にとか、お互いを想いあって考えて動くので、その姿が印象的です」と話し、諸伏役の緑川は「降谷とは違って、諸伏は能力的にどんなところが秀でているのかがあまり描かれていないのですが、あえて等身大でいいのかなって思っています。警察学校編では諸伏だけが全体を通じて事件に関係している分、個性的な同期の中では割と普通なのかなって。あとは警察学校時代の諸伏は無精ひげがないのでかわいいですよね。個人的にはかわいいポジションをまっとうしたいと思っています!」と語り、個性豊かな“警察学校組”の魅力を披露した。

 そして、今作の見どころを古谷は「まず、警察学校組が大きなスクリーンの中で生き生きと活躍しているところが見どころです。あと、降谷が何回も飛ぶのも見どころです」と語り、「今作の舞台となっているのは、普段僕もしょっちゅう行っている渋谷なのですが、見慣れた渋谷の街並みが大変なことになってしまいます。コナン君はどうやってこの事件を解決するのかにもぜひ注目して欲しいですね。警察学校組は勿論、コナン君や高木刑事、佐藤刑事など、色々なキャラクターの視点から観てもらえたら、何度でも楽しめると思います」と見どころをアピールした。

このニュースに関するつぶやき

  • アムロがガンダムで空中戦やるのかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定