任天堂株式の5%をサウジ皇太子率いるファンドが購入

7

2022年05月19日 07:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 ムハンマド・ビン・サルマン皇太子(PIFのWebサイトより)
ムハンマド・ビン・サルマン皇太子(PIFのWebサイトより)

 サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子率いる政府系ファンドPublic Investment Fund(PIF)が任天堂の株式の約5%に当たる650万株を29億8000万ドルで取得したと、米Financial Timesが5月18日に報じた。



【その他の画像】



 米Bloombergによると、これによりPIFは任天堂の5番目の大株主になるという。



 PIFはゲームやeスポーツにフォーカスする5000億ドルのファンドを運用しており、2月にはネクソンとカプコンの株式もそれぞれ5%以上取得している。



 PIFはソフトバンクグループの「ビジョンファンド」にも出資している。ムハンマド皇太子は、サウジ政府に批判的なジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害を承認したと報じられている。


このニュースに関するつぶやき

  • ダウがさがったことよりもこっちの方が心配だよね〜�ͤ��Ƥ��
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定