『SPY×FAMILY』ロイド、『anan』に登場 江口拓也のパンダポーズに反響「かわいい!」「眼福です」

9

2022年05月19日 08:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『anan』2299号バックカバー(C)マガジンハウス
『anan』2299号バックカバー(C)マガジンハウス
 人気漫画『SPY×FAMILY』(作者:遠藤達哉)の主人公ロイド・フォージャーが、グラビア週刊誌『anan』(マガジンハウス/18日発売)のバックカバーを飾った。

【写真】派手な髪色&イケメン過ぎる!パンダポーズをする江口拓也

 イラストは、題して『昼下がりの〈黄昏〉』。顔も名前も捨て、裏の世界で〈黄昏〉のコードネームで知られる彼は、よりよい世界を実現するために日夜危険な任務に挑む凄腕スパイ。この〈黄昏〉が『anan』のグラビアさながらに、コンクリートの壁を背景に立つ姿が描き下ろされている。

 バックカバーの描き下ろしに加えて、作品にフォーカスした記事も必読。作品の魅力分析や物語の解説に始まり、メインとなる3人の愛すべき家族たちを紹介。彼らを演じるキャストの江口拓也(ロイド役)、種崎敦美(アーニャ役)、早見沙織(ヨル役)のインタビューページは、撮り下ろし写真も掲載されている。

 公式ツイッターでは3人の写真が投稿されており、「江口さんの撮影日、スタッフがananパンダを忘れてしまったため、なんとご自身のポーズでパンダを表現してくださいました!」と投稿。パンダポーズを表現しており、ファンは「最高すぎてもはや忘れてくれたスタッフさんに感謝」「江口さんの神対応!」「スタッフさん、忘れものありがとうございます」「えぐちゃんのパンダポーズ可愛い」「かわいい!かっこいい!最高!」「眼福です」などと反応している。

このニュースに関するつぶやき

  • 先月、秋葉原のゲーセンに寄った際にスパイファミリー景品があるキャッチャー見たらアーニャだらけで他の2人の不遇っぷりに吹いた
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定