<進路の問題>【前編】子離れ最終章。子どもの選んだ進路が親の希望と違う場合、みんなならどうする?

10

2022年05月19日 17:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


進路を決める年齢のお子さんがいるお母さん、お子さんの進路はご両親の意に沿っていましたか? それとも進路は、子どもの選択に一任していますか? 今回の相談者さんは、「子どもの希望する進路が親の希望と正反対で、話し合いが平行線になっている」と相談をしています。
『高3の子どもの進路……みなさんはどうしますか? 子ども本人が希望する進路と、親が思い描く進路が食い違っていて平行線です。子どもがやりたいことを自由にやらせてあげたいと思う反面、もっと違った道に進んでほしいと願う気持ちで揺れています』
今回の相談者さんは、高校3年生のお子さんをもつお母さん。親として望んでいなかった道に進もうとしているお子さんに対して、どうすればいいかと悩んでいるようです。こんなとき、みなさんならどうしますか?

子どもの人生、応援することも大切では?



ママスタコミュニティに集まったコメントの多くは、相談者さんの考えに対して批判的なものでした。「子どもの人生なのだから、子どものやりたいようにさせてあげたい」「親の望む進路を子どもに押し付けない」、そう考えるママたちは多いようです。
『やりたいことがどうしてもわからない、曖昧な場合は親が誘導してあげてもいいけれど、やりたいことが明確にあるなら挑戦させてあげないとあとで絶対に後悔する。恨まれるかもよ』
親の望む道に進んたとして、果たしてお子さんは精いっぱい頑張ることができるのでしょうか? 高校進学のときに将来の夢が何もなかった筆者からすれば、自分がやりたいことがすでに決まっているということだけでも、とても素晴らしいことのように思います。
『自由にやらせてあげたいも何も、子どもの人生だからね。うちは子どもが将来なりたい職業の資格を取れる学校を探して、そこに行くって言っている。親に反対する権利はないから応援しているよ』
もしもいま、子どものやりたい道を否定しまったなら、「あのとき反対されていなければ」とお子さんの心にしこりを残すことになりませんか? また、子どもの大事な選択を親が反対したことで、将来何かやりたいことが見つかっても、「どうせまた反対されるし」と消極的になってしまう可能性もあるのではないでしょうか。

ただし無謀なことを言うようであれば、アドバイスも必要かも……



ただし、親から見てあまりにも無謀だったならば、親の口出しが必要な場面もあるのかもしれません。たとえば、「ギャンブラーになる!」といった無謀なものや、「やりたいこともないので大学には行かず、進学もしないし就職もしない」など。将来を安易に考えているようなお子さんであれば、アドバイスというかたちで進言する必要も、ときにはあるのではないでしょうか。
『大学の学部は、自由に本人の思うところに進ませてあげたい』
『すでにしっかりとした目標がある子には応援するだけで何も言わない。親の意見は押し付けないかな』
『超絶音痴なのに歌手になりたいとか、スタイルが悪いのにモデルになりたいとか言っているようなら反対というか、現実を受け入れろとアドバイスするけれど、そうじゃなければ好きにさせるよ』
お子さんがつらい道を歩もうとしているのが目に見えてわかるのなら、どうしても心配になってしまうのが親というものです。しかしある程度どんな将来を考えているのか把握しつつも、お子さんに自立させることも大切です。“すべてのことに口出しをせずに見守ることが大事な時期”に差し掛かっているのかもしれませんね。

後編へ続く。

文・物江窓香 編集・古川純奈 イラスト・きたがわなつみ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 親の希望なのか合格してしまったからなのか、医大に行って中退した友人が居ます。楽しくなかったのか途中から学校に行かなくなって強制退学に・・・。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定