JRP、1973年以降の国内トップフォーミュラアーカイブ映像を6月1日からYouTubeで配信

1

2022年05月20日 15:20  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真6月1日より『ジャパン・トップフォーミュラ・アーカイブ』と称された国内トップフォーミュラのアーカイブ映像が配信される。
6月1日より『ジャパン・トップフォーミュラ・アーカイブ』と称された国内トップフォーミュラのアーカイブ映像が配信される。
 5月20日、全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は、6月1日より『JAPAN TOP FORMULA ARCHIVES(ジャパン・トップフォーミュラ・アーカイブ)』と称し、1973年以降の国内トップフォーミュラの貴重なアーカイブ映像の配信をスーパーフォーミュラ公式YouTubeチャンネル(@SUPER FORMULA Official)で開始すると発表した。

 現在JRPは、『SUPER FORMULA NEXT50』プロジェクトを通じ、“カーボンニュートラル社会の実現”と“モータースポーツエンターテイメントの発展”に向けた様々な取り組みを実施中だ。そのプロジェクトの一環として、日本のトップフォーミュラ50年という節目の年、またその歴史に感謝を込め、1973年以降の国内トップフォーミュラレースのアーカイブ映像が公式YouTubeチャンネルで配信されることになった。

 6月1日に公開される第1弾では、1978年9月23〜24日に鈴鹿サーキットで開催された『鈴鹿グレート20ドライバーズF2』が公開される予定。アーカイブ映像は、当時の中継放送に携わった中部日本放送(現CBCテレビ)およびフジテレビジョンの協力により、当時の放送素材をデジタルリマスターしたものになっている。

 各アーカイブ映像は、YouTubeの『プレミア公開』機能を通じて配信され、公開時には視聴者たちがチャットでコメントを書き込みながら参加でき、まるでオンラインイベントのように映像を楽しむことができる。また、プレミア公開終了後は、月額490円の『SF LIVE+』会員であればいつでも視聴が可能だ。

 JRPは、「このような施策を通じて、改めてこれまでのモータースポーツ業界を支えてくださった業界の関係者やファンのみなさまへ感謝の意を伝えていくと同時に、現在の関係者やファンのみなさまの力も借りながら、今後のモータースポーツの発展に向けて、さらなる努力を重ねてまいります。これからのスーパーフォーミュラに引き続きご期待、応援いただけますと幸いです」としている。

 JRPが公開した6月1日〜10月5日の第5弾までのアーカイブ映像配信予定は以下のとおりだ。
配信開始日大会名プレミア公開時間放送素材協力6月1日1978年 鈴鹿グレート20ドライバーズ F220:00~CBSテレビ7月6日1996年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第1戦 鈴鹿サーキット20:00~フジテレビ8月3日1987年 鈴鹿全日本BIG 2&4レース F3000チャンピオン20:00~CBCテレビ9月7日1996年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦 富士スピードウェイ20:00~フジテレビ10月5日2003年 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第10戦 鈴鹿サーキット20:00~フジテレビ
※1 配信予定は変更になる可能性あり。
※2 プレミア配信時は無料会員も視聴・チャット参加が可能。
※3 SF LIVE+は月額490円(税込み)プラン。プレミア配信時間以外のアーカイブ映像としていつでも視聴できる。また各大会全セッションのLIVE配信も視聴可能。
スーパーフォーミュラ公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/superformulavideo
    ニュース設定