全国の天気 土曜は太平洋側で傘マーク 日曜は西から晴天 急な暑さと紫外線に注意

0

2022年05月20日 16:41  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真全国の天気 土曜は太平洋側で傘マーク 日曜は西から晴天 急な暑さと紫外線に注意
全国の天気 土曜は太平洋側で傘マーク 日曜は西から晴天 急な暑さと紫外線に注意

この週末、ポイントは2つ、「太平洋側を中心に雨」と「急な暑さと紫外線に注意」です。土曜は、太平洋側で雨が降りますが、日曜は西から天気が回復して、急に暑くなるため、熱中症対策や紫外線対策が必要です。九州南部では、梅雨入りを前に「最後の週末の晴天」になる可能性もありますので、日差しを有効にお使いください。



●21日(土)太平洋側で雨 降る時間はいつ?


21日(土)は、二十四節気の「小満」。暦の上では、陽気がよくなり、草木などの生物が次第に成長して生い茂る頃です。また、沖縄では、次の二十四節気「芒種」と合わせて、「スーマンボースー」と呼び、梅雨の時期を表しています。そこで、21日(土)のポイントは、沖縄など「太平洋側を中心に雨が降る」ということです。梅雨前線の影響で、沖縄は、午前中を中心に所々で雨や雷雨となるでしょう。梅雨入りしている奄美も雲が多く、朝まで雨が降り、局地的に雷が鳴りそうです。最高気温は25℃くらいで、ムシムシと感じられるでしょう。九州〜東海は、太平洋側ほど雲が多く、昼頃まで、あちらこちらに雨雲がかかるでしょう。最高気温は日本海側では25℃くらいまで上がりますが、太平洋側では20℃前後で、昼間も羽織る物が欲しいくらいになりそうです。関東はスッキリしない天気で、一日を通して、雨が降りやすくなりそうです。強く降る雨ではありませんが、お出かけの時に雨が降っていなくても、念のために傘をお持ちください。そして、関東では、昼間も気温はあまり上がらない予想です。最高気温は、東京都心では22℃と、5月上旬並みでしょう。北陸や東北、北海道は日差しが出ますが、昼頃から、雨や雷雨の所もありそうです。空模様の急な変化に、ご注意ください。最高気温は、日本海側では25℃くらいまで上がる所もあるでしょう。ただ、晴れる所ほど、朝晩と日中との寒暖差が大きくなりますので、服装選びにお気をつけください。


●22日(日)西から晴れのエリアが拡大 急な暑さと紫外線に注意


そして、22日(日)になると、雨を降らせる低気圧や前線は次第に遠ざかり、本州付近は、西から次第に高気圧に覆われるでしょう。そのため、沖縄は、梅雨の晴れ間となりそうです。洗濯など、日差しを有効にお使いください。九州から東海、北陸は、広く晴れるでしょう。最高気温は、25℃前後の所が多く、九州では30℃近くまで上がる所もありそうです。比較的カラッとした暑さですが、急な暑さで体調を崩さないよう、注意が必要です。熱中症対策だけでなく、紫外線対策も忘れないでください。関東から北は、太平洋側では雨が残りますが、こちらも天気は回復へ向かうでしょう。最高気温は、東京都心では24℃と、昼間はシャツ1枚で、快適に過ごせそうです。ただ、東北や北海道の太平洋側では、昼間も気温があまり上がりませんので、上着が欠かせないでしょう。


●最新の「梅雨入り予想」 梅雨入り前の晴天を有効に


ただ、この土日の日差しは「貴重なもの」となる所もありそうです。日本気象協会が発表した、最新の「2022年 梅雨入り予想」によりますと、九州南部の梅雨入りは5月27日頃でしょう。来週後半には梅雨入りする可能性があり、この土日の日差しが、梅雨入り前の「最後の週末の晴天」になりそうです。なお、6月に入ると、九州北部や四国、本州も、次々と梅雨入りするでしょう。雨どいや側溝の掃除をしておいたり、ハザードマップや避難経路・避難場所を確認しておくなど、梅雨時の大雨への備えは、早めに行ってください。


    ニュース設定