阪神、12回に守備のミスから4失点…濱中氏「アルカンタラにも影響が」

9

2022年05月20日 23:12  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真阪神・矢野監督 (C)Kyodo News
阪神・矢野監督 (C)Kyodo News
● 阪神 2 − 6 巨人 ○
<10回戦・甲子園>

 ABCラジオ制作で20日にニッポン放送でも放送された『阪神−巨人戦』で解説を務めた濱中治氏は、12回の阪神の守りについて言及した。

 2−2の12回に阪神は先頭の中山礼都をショートゴロに打ち取ったかと思われたが、ショート・中野拓夢が一塁へ悪送球。このミスをきっかけに4点を失い敗れた。

 濱中氏は「中野のエラーからはじまりましたけど、こういう大事な場面で12回に先頭をきれなかったというのが、アルカンタラにも影響がありましたしね」と振り返った。

(提供=ABCフレッシュアップベースボール)

このニュースに関するつぶやき

  • 糸原と中野の三遊の守備は、ちょっと酷いですね。特に中野は、昨日何度もやらかしてました。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定