F1スペインGP FP2:ルクレールが初日トップ。メルセデスのラッセル、ハミルトンが2、3番手に続く

0

2022年05月21日 01:40  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022年F1第6戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第6戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
 2022年F1第6戦スペインGPのフリー走行2回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。2番手はジョージ・ラッセル(メルセデス)、3番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)となっている。アルファタウリの角田裕毅は14番手だった。

 FP2は、午後5時から始まった。この時期のスペインの日没時間は午後8時59分と日本よりかなり遅く、この時間でも気温は30.8度まで上がった。路面温度は逆にFP1よりやや下がって、44.9度。計測地点がたまたま日陰だったという関係もありそうだ。いずれにしても、かなりの高温コンディションであることに変わりはない。

 セッション序盤は、ほとんどのマシンがミディアムタイヤを装着した。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がまずは1分20秒932の最速タイム。カルロス・サインツ、ルクレールのフェラーリ勢が僅差で続き、ラッセル、ハミルトンのメルセデス2台がコンマ9秒前後の差で4、5番手につけている。

 バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)が、3周目にいきなり6番手タイム。しかし直後に「何かが壊れた」と伝えながら、1コーナー立ち上がりのコース脇にマシンを止めた。これでバーチャルセーフティカー(VSC)が導入された。FP1をスキップしたセルジオ・ペレス(レッドブル)は、フェルスタッペンから1秒落ちの7番手に留まっている。

 19分を過ぎたところで、レッドブルとアストンマーティン、そして角田の計5台がソフトタイヤでコースイン。セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)がいきなり1秒5近く自己ベストを縮めて、トップに立った。ペレスが届かず2番手。そしてフェルスタッペンがベッテルにコンマ7秒差をつけて首位を奪い返した。

 フェルスタッペンもミディアムでのタイムを約コンマ9秒短縮しており、ソフトとミディアムのタイム差は意外に大きそうだ。他のソフト勢はランス・ストロール(アストンマーティン)6番手、角田が7番手につけた。アストンマーティンは、『グリーンレッドブル』の成果が早くも出たということか。しかしアルピーヌが彼らをしのぐ速さを見せ、フェルナンド・アロンソ4番手、エステバン・オコン7番手と速さを披露。そしてルクレールが1分19秒670の最速タイムを叩き出し、フェラーリ勢がFP1同様、1-2を占めた。

 ところが開始後31分にはラッセルがサインツを押しのけ2番手に躍進。しかもルクレールから、0.117秒差しかない。そしてハミルトンも3番手に。車高は明らかに低くなっており、フロアに改良を加えたことでポーパシング現象はかなり改善されたようだ。

 セッション後半のロングランでは、フェラーリ、レッドブル、メルセデス、そしてアルファタウリなど、多くのチームが2台でソフト、ミディアムに分けた。ソフト、ミディアムともに、レッドブルに比べてフェラーリはタイヤのデグラデーションが大きい。アルファタウリの2台も、決してロングランペースはよくない。

 FP2最速はルクレール、2番手ラッセル、3番手ハミルトン、4番手サインツ、5番手フェルスタッペン、6番手アロンソ、7番手ペレス、8番手ベッテル、9番手オコン、そして10番手にはミック・シューマッハー(ハース)がつけた。アルファタウリ勢はピエール・ガスリー11番手、角田は14番手だった。ランド・ノリス(マクラーレン)は何らかのトラブルに見舞われ、6周しか周回できず。最下位で初日を終えた。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定