高校で「資産形成」授業スタート 受講生徒の大半がデフレは「×」と回答も

7

2022年05月21日 10:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真二松学舎大学附属高校の生徒に向けて開かれた「資産形成」の授業(写真:マネックス証券提供)
二松学舎大学附属高校の生徒に向けて開かれた「資産形成」の授業(写真:マネックス証券提供)
 高校の家庭科で「資産形成」の授業が4月から始まった。高校生の時からお金や投資の知識を身につける目的の授業だが、どのような内容なのだろうか。3月に先行して開かれた講義を振り返る。AERA 2022年5月23日号の記事から。


*  *  *


 4月から成人年齢が18歳に引き下げられ、この年齢になれば保護者の同意を得ることなく、金融取引の契約を結ぶことが可能となった。こうした変化に対応するため、今年度から高校の家庭科で資産形成の授業が始まった。マネックス証券は3月22日、二松学舎大学附属高校(東京・九段)の新3年生(約250人)に、一足早く投資講座を開いた。「一生使える! お金・投資入門」と題した講座で、同社でマーケット・アナリストを務める益嶋裕さんが講師を務めた。


「お金や投資は、自分の世界を広げるための手段の一つ。お金や投資について正しい知識を身につけると選択肢が増え、人生がより豊かになるかもしれません」とあいさつ。親からもらった小遣いを持ってコンビニに行き、パンを買うという身近な例を挙げて、経済の仕組みを説明した。


 特に興味深かったのは、二者択一のクイズ形式による生徒たちへの問いかけだ。


「インフレとデフレのどちらがいい?」と尋ねたところ、前者と答えた生徒が圧倒的に多かった。デフレ下で生まれ育ってきた彼らも、報道や大人たちの会話などを耳にしながら、負の連鎖で経済活動が収縮することの閉塞(へいそく)感に嫌気をさしていたのかも?


 もちろん、インフレも過度に進むと悪影響が大きくなる。益嶋さんは、デフレとインフレの仕組みについて説明したうえで、「物価上昇率2%程度のマイルドなインフレが理想的」と説いた。


 金融や経済について若い頃から理解しておくことは、波乱続きの現代を生き抜くうえで重要だと痛感させられた。(金融ジャーナリスト・大西洋平)

※AERA 2022年5月23日号



【おすすめ記事】資産1億円「億り人会社員」に聞いた、投資信託「S&P500 vs 全世界株式」どっち?


このニュースに関するつぶやき

  • こういう教育は大事だけど、指導内容が偏らないかや古い情報を教えてないかなど、経過観察が必要。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

前日のランキングへ

ニュース設定