大谷翔平、鮮やかな同点生還 四球→すかさず二盗→レンドンの適時打で得点

0

2022年05月21日 11:22  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真エンゼルス・大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平
◆ 今季無傷の4勝&防御率1.67の右腕を足で揺さぶる

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)が20日(日本時間21日)、本拠地エンゼルス・スタジアムでのアスレチックス戦に「3番・指名打者」で先発出場。四球で出塁した初回にすかさず二盗を決め、続くアンソニー・レンドン内野手(31)の右前適時打で同点のホームを踏んだ。

 アスレチックスの先発は今季ここまで4勝0敗、防御率1.67の右腕・ブラックバーン。大谷は1点を先制された直後の1回裏、二死無走者の場面でストレートの四球で歩き、4番・レンドンの打席で今季6盗塁目となる二盗を決めた。

 得点圏に進んだあと、レンドンの右前適時打で悠々とホームイン。好投を続けているブラックバーンを足で揺さぶり、今季28得点目を記録した。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定