野尻智紀が今季3戦連続となるPP獲得。ランキング2位の平川亮は8番手に【SF第4戦予選レポート】

0

2022年05月21日 17:10  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス ポールポジションを獲得した野尻智紀(TEAM MUGEN)
2022スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス ポールポジションを獲得した野尻智紀(TEAM MUGEN)
 5月21日、2022年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の公式予選が大分県のオートポリスで行われ、野尻智紀(TEAM MUGEN)が今季3度目のポールポジションを獲得した。2番手に宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)が、3番手に牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が続いている。

 朝から分厚い雲に上空を覆われていたオートポリス。しかし、ピットウォークを迎えるころには雲間から強い日差しが差し込むようになり、フリー走行開始の時点ではウエットパッチが残っていた路面のコンディションもすっかり回復。気温21度、路面温度33度の中、スーパーフォーミュラの公式予選はスタートを迎えた。

 予選Q1のA組は、サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)、牧野、福住仁嶺(ThreeBond Drago CORSE)、大嶋和也(docomo business ROOKIE)、笹原右京(TEAM MUGEN)、国本雄資(KCMG)、平川亮(carenex TEAM IMPUL)、ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM'S)、坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)、三宅淳詞(TEAM GOH)、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)の11名が出走。

 各車がコースチェックなどを行い、アタックに向かったのは残り時間が5分になったところ。まずは牧野が他に比べて早めに計測に入ると1分24秒418をマークし暫定トップに立つ。ほかの10台はこの1周をウォームアップに充て、次にアタックに入ったのは山本だったが、1分25秒739と牧野に対し約1.3秒の差で暫定2番手につけた。

 続く平川、アレジ、国本らが次々と山本のタイムを上回り、山本はドロップアウト。国本は1分25秒265でコントロールラインを通過した時点では3番手につけていたが、三宅、フェネストラズの2台が上回り6番手までドロップしてしまう。

 最後にアタックに入ったのは、ぎりぎりまでピットで待機し、アウトラップの翌周アタックで一発勝負に出た坪井だったが、タイムは伸び悩み1分25秒290で、わずか100分の2秒国本に及ばずノックアウト。以下、大嶋、アレジ、福住、山本がここで予選敗退となった。

 B組には、野尻、山下健太(KONDO RACING)、大津弘樹(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、小林可夢偉(KCMG)、関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、宮田、阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、松下信治(B-Max Racing Team)、佐藤蓮(TEAM GOH)、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)の10台が出走。大湯は午前中のフリー走行でクラッシュを喫し、マシンに大きなダメージを負っていたが、チーム総出の修復作業でなんとか予選に間に合い、無事に出走を果たしている。

 このセッションでは、大津と松下がぎりぎりまでピットで待機。残り時間が3分を指したあたりでコースへと向かい、アウトラップの翌周にタイムアタックに入った。大津はセクター1からベストタイムを並べ1分24秒台も見えていたが、最終コーナーでわずかに挙動を乱し、1分25秒106にとどまる。それでも暫定トップタイムでピットに戻り、ほかのタイムを待つ。

 松下はセクター3で大きくロスし1分27秒950。続いて小林が1分25秒404で2位につけたが、野尻が1分24秒724で大津を上回り逆転トップ。さらに阪口が1分25秒038で2番手に入り、大津は3番手にドロップする。その後、宮田がセクター1で全体ベストタイムを記録するも1分25秒245で4番手に。関口が1分25秒490で小林に続き、暫定でノックアウトぎりぎりの6位に下がる。

 ここでルーキーの佐藤が1分25秒350で5番手に入り関口がノックアウト。さらに山下が1分25秒085で3番手に滑り込み、小林をノックアウトした。結果、小林、関口、大湯、松下の4台がここで予選を終えることとなった。

 Q2が始まるあたりで、再び日差しが強く照らし始める。残り時間が5分を切ったところで続々とコースインしていき、アウトラップからすぐに計測に入った宮田からタイムアタックが始まった。宮田はQ1での自己ベストからは大きくタイムを下げたものの1分24秒798で暫定トップに立つ。

 続いて阪口が1分25秒422と、宮田に対してタイム差が大きい2番手に。次にコントロールラインをくぐった牧野は、セクター1で唯一16秒台に入れトップ奪取の期待がかかったが、1分24秒803でわずかに宮田に届かず2番手。さらに大津が1分25秒408で暫定3番手に着けた。

 平川、国本と次々にタイムを出していくが、1分25秒台を切ることができない。そんな中、セクター2で全体ベストを記録していた野尻が1分24秒529をマーク。宮田を約0.2秒上回り堂々のトップに躍り出た。残る笹原、三宅も何とか1分24秒台に入れるものの野尻、宮田、牧野には届かず4、5番手。最後にフェネストラズと山下のKONDO RACING勢がそれぞれ6番手、7番手に入りチェッカー。これで、野尻のポールポジション獲得が決定した。

 野尻は第2戦富士、第3戦鈴鹿に続いて今季3戦連続のポールポジションを獲得。TEAM MUGENとしては、開幕戦富士で笹原がポールポジションを獲得しており、ここまで4戦すべてでポールポジションを獲得していることになる。2番手は宮田。3番手の牧野は今季ベストグリッド獲得となった。

 42周で争われる第4戦オートポリス決勝は、22日14時30分にスタートを迎える。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定