令和的なグラビアのタイトルって何? グラビア好き女子ふたりが考えてみた!【前編】

0

2022年05月21日 18:41  週プレNEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

写真浅倉唯さんのグラビア『かわいいが渋滞中!!』。週刊プレイボーイ2021年39&40号/10月4日号(撮影/Takeo Dec.)より
浅倉唯さんのグラビア『かわいいが渋滞中!!』。週刊プレイボーイ2021年39&40号/10月4日号(撮影/Takeo Dec.)より

グラビアライター・とりと、グラジャパ!スタッフ・金髪りさ。ふたりのグラビア好き女子が、気になるグラビア美女やデジタル写真集について女子目線で語るコラム『グラビア美女画報〜女子のためのグラビア講座』。

第50回・前編では、グラビアや写真集につけられたタイトルについて。グラビア好きのふたりならではの目線から、あらゆるグラビアのタイトルを分析します!(1回目/全2回)

【画像】タイトルが秀逸なグラビア

■ストーリー性か、インパクトか? それとも......?

金髪 とりさん。今回は、いつもとちょっと違う角度から、グラビアについて語ってみましょうよ。

とり おっ、何をテーマにします?

金髪 グラビアにつけられているタイトルを見ていくのはどうだろう? そこまで気にして見ている読者の方も少ないと思うけど、意外と面白いタイトルが多いじゃないですか。

とり 確かに! 最近、私たちもグラビアのタイトルを考える機会がそれぞれありましたし、注目してもらいたいところではありますよね。

金髪 じゃあ、早速語っていきましょう! ということで、まずみなさんにお伝えしたいのは、本誌グラビアやデジタル写真集のタイトルは、各担当編集さんが考えているってこと。そもそも、グラビアのコンセプト決めからスタッフィング、写真のセレクトまで、グラビアに関わるアイデア出しは、基本的に担当編集さんのお仕事なんですよね。

とり 基本的にみなさん、女のコのキャラクターや魅力が伝わるよう試行錯誤されていますよね。そのなかで、ストーリー性を重視するか、インパクトを重視するか。正解はないですし、何に重きを置くかは編集さんのさじ加減ですけど。当然、タイトルにも個性が出ていますよね。

金髪 そうだね。

とり ちなみに金髪さんは、どんなグラビアタイトルがお好きですか?

金髪 私は、パッと見のタイトルから意味を感じ取って、見終わった後に「だから、こういうタイトルがついているんだ」と納得できるのが好きです。伏線回収的な。

例えば、浅倉唯さんの『かわいいが渋滞中!!』とか。「渋滞中? どういうこと?」なんて思いながらも、なかを見てみれば「あー、これは"かわいいが渋滞"してるわ」って、納得できるくらい、かわいいカットが満載なわけですよ。

とり 確かに、見終わったあとにスッキリするタイトルは気持ちが良いですね。

金髪 でしょでしょ。とりさんは?

とり 私は、言葉に力のあるタイトルが好きですかね。せっかくグラビアにタイトルをつけるんですから。1枚の写真とタイトルが共鳴し合い、セットで記憶に残るのが理想的かなって思います。

豊田ルナさん、吉田莉桜さん、山田南実さん、蓼沼優衣さんの『その光に、手を伸ばせ』の扉を見てくださいよ。爽やかかつシンプルなタイトル。引きで個々の表情が見えにくくも、躍動感がある写真。

この2つが合わさることで、より印象的な仕上がりになっている気がするんですよ。写真と言葉の意味が通じ合っている心地良さもありますし、セットでドン!と来るのがたまらないですよね。

金髪 大きく載っていると、自然とタイトルも目に付きますよね。

とり ちなみに最近、金髪さんはバーレスク東京・ももさんとみれいさんのグラビア編集に携わっていましたよね。それぞれ『ヒミツの居場所』『気高い星』というタイトルをつけられていましたが、これ、どういう意味を込めたんです?

金髪 ももちゃんの『ヒミツの居場所』は、リアルな彼女感をテーマに撮影をしたんですよ。だから、分かりやすく"彼氏にしか見せない姿が見られる"という意味と、週プレがももちゃんにとって、唯一"等身大のグラビアを見せられる場所であってほしいな"という意味を込めました。

とり ふたつめの理由は、分かるようで分からないような......。

金髪 あの、これまでももちゃんが他誌でやってきたグラビアって、バーレスクのイメージもあってなのか、キャラものやコスプレチックなものが多かったんですよ。でも『ヒミツの居場所』では、飾りすぎずナチュラルなグラビアに挑戦してもらっているんですね。今後も、週プレではナチュラルな"ももちゃんらしさ"を見せてほしいなと。私の願望と意思表示でもあります!

とり そういうことか! 本誌のインタビューで、ももさんも「前回はけっこう派手な、いつもの"六本木のもも"みたいな衣装でしたけど、今回は"地元のもも"って感じでした」と語られています。金髪さんの思い、届いているんじゃないですか?

金髪 どうなんでしょう(笑)。もうひとつ、みれいちゃんの『気高い星』は、私が感じたみれいちゃんの印象そのままですね。私、ずっとバーレスクに通っていて。みれいちゃんのことは、バーレスクでデビューしたときから知っていたんですね。そのときからめちゃくちゃ美人さんで、デビュー早々、Queen(クイーン/演目でのセンターポジション)を任される超逸材だったんですよ。

とり へぇ、そうなんですね!

金髪 だから、彼女のスター性が伝わるようなタイトルにしようと。ただ、そのまま「スター」みたいなタイトルだと、安っぽい印象になりそうだったので、上品さ、カッコよさを求めて『気高い星』としました。

とり やはり、どちらのタイトルも女のコの魅力が伝わるよう工夫されているんですねぇ。

ももさんに話を戻しますけど、週プレ初グラビアの『スペシャルな彼女』も金髪さん担当ですよね。私、この『スペシャルな彼女』と『ヒミツの居場所』を見比べたとき、扉の構図が似ているなって思ったんですよ。

それでいて2回目の撮り下ろしである『ヒミツの居場所』の方がももさんとの距離が近くて、タイトルから受ける印象もより親密になっていたから、あえて関係性の変化を狙っているのかと勝手に妄想をしていまして。どうなんでしょう?


金髪 そういった意図はなかったし、そう見られるとも思っていなかったから、何か新鮮です(笑)。っていうか『スペシャルな彼女』というタイトルは、ほかの編集さんと意見を寄せ合って決めたんですよ。だから、私だけの思いじゃないんです。

とり えー! そうだったんですね!?

金髪 それぞれが考えたタイトル案をグループLINEに投稿して、みんなですり合わせて。最初は「special girlfriend/スペシャルガールフレンド」にする案もあったんだけど、個人的には、あまり英語のタイトルにはしたくなかったんですよね。

とり えっ、どうしてです?

金髪 英語だと意味が伝わりにくいじゃないですか。まぁ「special girlfriend」くらいなら分かりやすいけどさ。

とり なるほど。逆に英語のタイトルは、デザイン的な魅力がありますよね。英語だろうと日本語だろうと、意味は込められているはずですけど、金髪さんのおっしゃる通り、英語はパッと見で意味が伝わりづらい。でもその分、デザイン性の幅は英語の方が広い印象です。

この優希クロエさんの『DOLL』とかどうでしょう。お人形さんのような優希さんの表情と「DOLL」のデザインによって、まるで本物のお人形さんのパッケージみたいに見えますよね。

金髪 確かに。もしかしたら英語は「タイトルに込めたメッセージ以上に全体を見てほしい!」ってときに有効なのかもね。タイトルに意味を持たせすぎないのも、ひとつの手ですし。

そう言えば、前にとりさんは、山田かなさんのグラビア編集に携わっていましたよね。グラビアポエムも書かれていたそうですけど、タイトル『やみくもシンデレラ』の由来は?

とり 端的に山田さんのキャラクターを言い表そうとつけたタイトルですね。山田さんって、"脱サラ女子大生グラドル"なんですよ。会社を辞めて、大学に入学して、ひょんなことからグラビアをはじめられて。何も考えていないわけではないにしろ、お話を聞いていると、どこか勢い任せに人生を楽しんでいるようにも見受けられたので「やみくも」だなぁと。

金髪 「シンデレラ」は?

とり 大学卒業後もグラビアを続けるか、普通に就職をするかは、そのときになってみないと分からない。今はとにかく、そのときまで駆け抜けるだけ......。そのグラビア人生にタイムリミットのある感じを「シンデレラ」になぞらえました。

金髪 そっかぁ。分かりやすいタイトルですね。

とり 本当ですか!? みなさん、どういう風にとらえるだろうかと不安でしたよ。

金髪 不安になることなんてないですよ。でも、タイトルに込めた思いがどれほど読者や女のコに伝わっているかは、気になるところですよね。

とり はい。違った解釈があっても面白そうですけど。機会があれば、読者のみなさんが印象に残っているタイトルとか聞いてみたいかも!

⇒後編を読む

構成/とり

    ニュース設定