中日・根尾昂が一軍でも投手デビュー! 専用グラブで登板し直球平均147.6キロを計測

96

2022年05月21日 18:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真一軍で初登板した中日・根尾昂
一軍で初登板した中日・根尾昂
○ 広島 10 − 1 中日 ●
<10回戦・マツダスタジアム>

 中日の根尾昂選手(22)が21日、敵地での広島戦にリリーフ登板。1回1安打無失点で上々の“投手デビュー”を飾った。

 9点ビハインドで試合の大勢が決した8回裏、マツダスタジアムに「投手・根尾」がコールされ場内は騒然。8日の二軍戦でリリーフ登板した際とは異なり、この日は「Neo 7」と刺繍が施された赤い投手用グラブを手に、背番号7がマウンドへ上がった。

 イニング先頭の5番・坂倉将吾に対して投じた注目の初球は、外角高めのボールゾーンへこの日最速150キロのストレート。坂倉には2球目の147キロを右前へ運ばれ、いきなり走者を背負っての投球となった。

 続く6番・小園海斗には全球ストレート勝負。カウント2−1から4球目の真ん中直球をとらえられたが、この打球は右翼手の守備範囲におさまり右飛。2018年ドラ1入団の同級生から、記念すべき初アウトを奪った。

 続く磯村嘉孝に対しては初球にスライダーを投じ、2球目のストレートで中飛。二死一塁で迎えた中村健人には外角低めのスライダーでハーフスイング(※判定ボール)を誘う場面も見られ、最後はフルカウントから外角低めに146キロのストレートを投げ込みニゴロで打ち取った。

 1イニング打者4人に対して投じた15球のうち、13球がストレートで、その平均球速は147.6キロ。二刀流で甲子園を沸かせた大阪桐蔭高時代さながらの投球で、上々のプロ初登板となった。

 なお、8回から途中出場となった根尾は「4番・投手」に入り、9回表の先頭打者として打席へ。“本職”の打者としては長身右腕・ケムナ誠の変化球攻めの前に一ゴロに倒れ、今季の打率を「.188」としている。


【実際の動画】根尾が二軍戦で二刀流デビュー!注目の初球は148キロの快速球
⚾️ウエスタン・リーグ⚾️

甲子園のマウンドに中日 #根尾昂 選手が上がる🐲✨
初球は148km/h😳‼️

🆚阪神 vs 中日https://t.co/EBoun11TLx#プロ野球 #ファーム #イレブン・中日 pic.twitter.com/yO4dqlZmkJ— イレブンスポーツ (@ElevenSportsJP) May 8, 2022

このニュースに関するつぶやき

  • 投手としての練習はあまりしてないのに、敗戦処理の1回とはいえプロ相手に無失点に抑えるのだから、打者の才能より投手の才能が上かな。
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(55件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定