ルクレールが最速。僅差でフェルスタッペン、ラッセルが続く【タイム結果】F1第6戦スペインGPフリー走行3回目

0

2022年05月21日 21:21  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022年F1第6戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第6戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
 2022年F1第6戦スペインGPのフリー走行1回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手はジョージ・ラッセル(メルセデス)となっている。アルファタウリの角田裕毅は15番手だった。

 気温30度、路面温度42度と金曜日に続く暑いコンディションで、現地時間13時にセッションがスタート。メインストレートでは向かい風が吹いている。開始直後、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)のマシン後方から白煙が出ており、ガスリーは早々にマシンを降りた。またミック・シューマッハー(ハース)のマシンでは右リヤブレーキから出火。ターン9の時点ですでに火が出ており、ピットに戻ったところで消化されたが、かなりダメージがあるようだ。

 コースに出ているマシンのタイヤはソフト、ミディアム、ハードが混在しており、開始から15分が経過したところでルクレールが1分20秒278、カルロス・サインツが1分20秒484とソフトのフェラーリが1-2を独占した。アップデートによりポーパシングを改善したメルセデス勢はラッセルが首位から0.8秒差の3番手、ルイス・ハミルトンは1.2秒差の6番手につけているが、ハミルトンはDRSのトラブルがあるという無線を受けてピットに戻る。

 セッション折り返しを前にようやくコースに出たフェルスタッペンは、ソフトを履き最初の計測で1分20秒475という2番手タイムをマークした。僚友セルジオ・ペレスは1分20秒451でラッセルを上回っている。角田はまだハードタイヤでしか走行しておらず、この時点で18番手だ。

 後半に入るとサインツ、ルクレールと交互にトップタイムを更新した。一度各車はピットへ戻り、終盤に向けて再びコースイン。メルセデス勢もタイムを上げてフェラーリ勢に割って入るが、フェルスタッペンが1分19秒844で彼らを上回って2番手、ペレスも6番手に入り、3チーム6台が0.5秒以内の僅差で並んだ。

 終盤は各車最後のアタックを行うが、結局トップはルクレール、2番手フェルスタッペン、3番手ラッセルというトップ3でセッションが終了。角田はソフトで1分21秒449をマークし15番手だった。ガスリーはトラブルの原因こそわかったものの、修復ができずノータイムでFP3を終えた。

■2022年F1第6戦スペインGPフリー走行3回目 リザルト
Pos.No.DriverTeamTimeLaps116C.ルクレールフェラーリ1’19.7722321M.フェルスタッペンレッドブル1’19.84412363G.ラッセルメルセデス1’19.92016444L.ハミルトンメルセデス1’20.00218555C.サインツフェラーリ1’20.12923611S.ペレスレッドブル1’20.2601974L.ノリスマクラーレン1’20.40318820Kマグヌッセンハース1’20.64621977V.ボッタスアルファロメオ1’20.781241031E.オコンアルピーヌ1’20.88218113D.リカルドマクラーレン1’20.91017125S.ベッテルアストンマーティン1’20.944241314F.アロンソアルピーヌ1’20.981171424周冠宇アルファロメオ1’21.201191522角田裕毅アルファタウリ1’21.449221618L.ストロールアストンマーティン1’21.520231723A.アルボンウイリアムズ1’21.57218186N.ラティフィウイリアムズ1’21.419181947M.シューマッハーハース1’25.46742010P.ガスリーアルファタウリNo Time1
    ニュース設定