角田裕毅予選13番手「マイアミと異なりペースに苦しんでいるが、マシンの力を最大限に引き出して戦った」/F1第6戦

0

2022年05月22日 06:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2022年F1第6戦スペインGP 角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第6戦スペインGP 角田裕毅(アルファタウリ)
 2022年F1スペインGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は13番手を獲得した。

 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは一日を次のように振り返った。

「難しい一日だった。バルセロナではマシンが望んでいた状態ではないのだ」

「ドライバーたちはふたりとも、予選でマシンから最大の力を引き出すために頑張ってくれたが、バランスが適切な状態ではなかったため、今回はQ3に進むことはできなかった。この問題を解決することに集中している」

「エンジニアたちはレースに向けて可能な改善を見つけることを目指していく。今夜はそれに加えてレースに向けた戦略のプランにも集中的に取り組む」

「残念ながらトップ10圏外からのスタートになる。このコースは過去を振り返るとオーバーテイクが簡単な場所ではないものの、ポジションを上げる機会を逃さず戦っていく。中団は激しい戦いになるだろうが、目標は2台とも入賞圏内に入れることだ」

■角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)
FP3 15番手(1分21秒449:ソフトタイヤ/22周)
予選 13番手(Q1=12番手1分20秒707:ソフトタイヤ/Q2=13番手1分20秒639:ソフトタイヤ)

 今日はマシンの力を最大限に引き出せたと思うので、それについては満足すべきでしょう。

 FP1からずっと形勢が良くありませんでした。マイアミに比べてバルセロナではペースに苦しんでいたので、最初からQ3進出は難しいと僕たちは考えていました。

 今のところチームにとってベストな週末ではありませんが、明日の決勝に向けてうまくまとめあげていきたいです。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定