オークスの当たり馬券のサインはJRAのGIヘッドラインから連なるエリザベス女王在位70周年にあり

0

2022年05月22日 06:51  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。

研究員「いやぁ、この前のNHKマイルCもバッチリでしたよ!」

所長「はぁ? ダノンスコーピオンなんて、話題にすら挙がらんかったぞ」

研究員「そうなんですが、所長が『だんのうら』って言っていたのが妙に引っかかって。『だん』の『うら』とかこねくり回すより、単に『だんの』を『だのん』に置き換えればいいんじゃね? と思ったわけですよ。それで、単勝をゲット! 久しぶりに旨いお寿司を堪能できました!!」

所長「な、なんで、おまえばっかり......(泣)」

研究員「一応、所長が言うとおり『ダン』テスヴューとイ『ンダ』ストリアの単勝も買っていたんですけどね。ダノンスコーピオンに厚くいっておいてよかったっす」

所長「ぐぬぬぬぬ......」

研究員「まあまあ、そう気を落とさないで。今週のオークスで頑張ればいいじゃないですか。といっても、これといったサインが見当たらないんですよね。JRAが発表しているGIヘッドラインは『颯爽と駆けろ、若き女王の軌跡が輝く未来を照らす。』なんですが......」

所長「まず、そのGIヘッドラインで"女王"とわざわざ書いているのがポイントじゃな。では、女王と言えば?」

研究員「エリザベス女王でしょうか? 今年は在位70周年のプラチナ・ジュビリーです。ん? プラチナの原子番号は『78』ですから、馬連7−8とか、枠連7−8とか?」




所長「そんなのもアリだろうな。あとな、GIヘッドラインでもうひとつキーワードになるのが"軌跡"じゃ。なにせ、JRAが今週の金曜日にわざわざ今秋のGIエリザベス女王杯を『エリザベス女王即位70年記念』競走として行なうことを発表しおったからの。それでじゃ、実は10年前の即位60周年の年もエリザベス女王杯を記念競走として行なっておる。ということは、10年前のエリザベス女王杯の"軌跡"を辿ることがヒントになるんじゃないか」

研究員「おおっ! なんかちゃんとしたサイン馬券っぽいですね。で、10年前に勝ったのは......レインボーダリア。馬番15番ですから、同じ馬番ならピンハイですね!」

所長「しかもレインボーダリアの鞍上、ケガで休養していた柴田善臣騎手が今週から復帰するんじゃ。なんか、プンプン匂うじゃろ?」

研究員「確かに!」

所長「エリザベス女王杯絡みで考えれば、他にもヒントは見つかるかもしれんが......」

研究員「こういうのは、どうでしょう? 母がエリザベス女王杯に出走したことがある、ということでアートハウスとか。祖母まで遡ると、スタニングローズも含まれます」

所長「悪くはないな。とりわけアートハウスは、他にも後押しするサインがあるぞ。この秋にカタールで開催されるサッカーW杯の審判員に、女性で初めて日本の山下良美さんが選ばれたんじゃ」

研究員「女性ということで、牝馬クラシックであるオークスのヒントになりそうな話題ではありますが......、なぜアートハウスなんでしょう?」

所長「アートハウスの馬主は、W杯の開催国カタール王族のファハド殿下なんじゃ」

研究員「うおお〜っ! これまたお見事!」

所長「さらに、今年のJRAの年間キャッチコピーが『HERO IS COMING.』。アートハウスの父はスクリーン"ヒーロー"じゃ」

研究員「なんか、今回はすごいっすね。説得力が半端ないっす」

所長「ワシが本気を出せば、こんなもんじゃ。今度こそ、ワシが大儲けしてやるわい。ガハハハッ」

研究員「......まあでも"女王"がポイントって言うなら、ここまでにGIを制したきた女王、サークルオブライフとスターズオンアースでもいいような気もするけど......」

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定