富澤たけし“芸人俳優”の難しさ語る 職業病で「間を詰めたくなる」

15

2022年05月22日 09:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日曜劇場『マイファミリー』に出演する富澤たけし(C)TBS
日曜劇場『マイファミリー』に出演する富澤たけし(C)TBS
 嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)。今回は捜査一課長・吉乃栄太郎を演じる富澤たけしに役柄や撮影エピソードなど話を聞いた。

【写真】先週ラストで…”犯人”鈴間亜矢を現行犯で発見!まさかのハルカナ社員

 人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていく。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。

――吉乃を演じるにあたって意識していることを教えてください。
どこか優しい雰囲気はあるのですが、セリフは捜査員を指示するものばかりなので、表情で人柄を伝えることは意識しています。ただ、まだ役は掴みきれてないですね(笑)。

普段はサンドウィッチマンとしてコントをやっていますが、ドラマのお芝居とは間が違います。コントだと間を詰めたくなるし、ドラマでも「僕なんかのために時間を割くのは申し訳ない」という気持ちがあって間を詰めてしまうのですが、「もう少し間をください」と言われるので、気をつけています。

――現場の雰囲気はいかがですか?
シリアスなシーンが多いですし、和気あいあいという感じではないです。現場を盛り上げたい気持ちはあるのですが、何せ警察の専門用語のセリフが難しくていっぱいいっぱいになってしまっています。

ただ、たまに本番で「ここで何かボケたらウケるのか?」という考えがよぎり、ボケたいという衝動にかられることも。結局撮り直しになって撮影が延びるのも申し訳ないので、衝動をぐっとこらえて撮影しています(笑)。シリアスなシーンが多いので、当たり前ですが演じていてもスタッフの方もリアクションがないんです。僕としてはそれがずっとスベっているような感じがしてしんどい(笑)。こればかりは慣れないです。

――捜査一課メンバーとお芝居してみていかがでしょうか?
玉木(宏)さんとご一緒することが多いのですが、撮影の合間はディズニーランドの話とかしています。迫田(孝也)さんは僕がボケると突っ込んでくれるので、優しい方だなと。僕が歩くシーンで毎回同じ場所で滑ったりしていたんですけど、「何回やるんですか(笑)」と言ってくれたり。ありがたいです。

――相方の伊達みきおとはドラマについてお話されますか?
しょっちゅうしてますね。「あの人が怪しい」とか言ってくるので、ちゃんと見てるんだなと思いますね。あとは「セリフ噛んでるな」もすごく言ってくるんですよ。二宮くんのお芝居を絶賛した後も「噛んでたな」という言葉に着地しますから(笑)。

――となると、今後の吉乃の注目ポイントは滑舌でしょうか?
警察用語が一番言いづらいのですが、第2話と第3話がすごく多かったんです。何とかそこは脱したので助かりましたけど、まだ何があるか分からないので頑張ります(笑)。

このニュースに関するつぶやき

  • ちょっと何言ってるかわからない、とシリアスに言うシーンが欲しい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ニュース設定