スーパーフォーミュラ・ライツ第9戦オートポリスは木村偉織がポール・トゥ・ウインで今季2勝目

0

2022年05月22日 10:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真スーパーフォーミュラ・ライツ第9戦を制した木村偉織(HFDP WITH B-MAX RACING)
スーパーフォーミュラ・ライツ第9戦を制した木村偉織(HFDP WITH B-MAX RACING)
 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第9戦は5月22日、大分県日田市のオートポリスで21周の決勝レースが行われ、オープニングラップからリードを広げた木村偉織(HFDP WITH B-MAX RACING)が快勝。第7戦に続く今季2勝目を飾った。

 朝から晴天のもと迎えたスーパーフォーミュラ・ライツ第9戦。前日の第7戦で初優勝を飾った木村偉織(HFDP WITH B-MAX RACING)がポールポジション、太田格之進(HFDP WITH TODA RACING)が2番手というグリッドで8時20分にフォーメーションラップのスタートを迎えた。

 スタートでは、2番手の太田が好発進をみせ1コーナーでアウトから木村に並ぶが、インを木村が死守。2〜3コーナーの攻防でトップを守り、太田が2番手、野中誠太(PONOS Racing TOM’S 320)が3番手に続く。ただ1周目から4番手につけた菅波冬悟(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が野中の背後にピタリとつけていった。

 トップに立った木村はこのレースに向けてタイヤを温存しており、序盤からプッシュを続け2番手の太田との差を築いていく。5周目には1分38秒736というファステストラップをマークし、4.440秒のマージンを築いた。2番手の太田の後方では、野中、菅波、さらに平良響(Kuo モビリティ中京 TOM’S 320)、小高一斗(Kuo モビリティ中京 TOM’S 320)と5台が等間隔でレースを展開した。

 そんな戦いの一方、首位の木村は長丁場の21周のレースで1分39秒台のラップタイムで走り抜け、最後は16.570秒のマージンを太田に対し築いてみせた。これで木村は2勝目をマーク。2位争いは最後まで順位の変動はなく、太田が2位、野中が3戦連続の3位となった。

 4位は菅波、5位は平良、6位は小高という結果に。マスタークラスはスタートから逃げ切った今田信宏(JMS RACING with B-MAX)が今季4勝目を飾った。

全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第9戦オートポリス
決勝結果
Pos.No.DriverCarEngineLapsGrid11木村偉織HFDP WITH B-MAX RACINGスピースA4121122太田格之進HFDP WITH TODA RACINGスピースA41212335野中誠太PONOS Racing TOM’S 320トムスTAZ31213450菅波冬悟Byoubugaura B-MAX Racing 320スピースA41215538平良響Kuo モビリティ中京 TOM’S 320トムスTAZ31214637小高一斗Kuo モビリティ中京 TOM’S 320トムスTAZ31216736古谷悠河Deloitte. HTP TOM’S 320トムスTAZ31218863平木玲次HELM MOTORSPORTS 320東名TB14F3 2020217910川合孝汰Rn-sports 320スピースA412191062平木湧也HELM MOTORSPORTS 320東名TB14F3 20202110114今田信宏JMS RACING with B-MAXスピースA4121111230DRAGONTEAM DRAGON B-MAX 320スピースA412112
天候:晴れ 路面:ドライ
ファステストラップ:木村偉織(HFDP WITH B-MAX RACING) 1'38.736 4/21
ペナルティ:No.30は、2022全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権統一規則 第31条10.違反(反則スタート)により、ドライビングスルーペナルティを課した。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定