「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」第6話、芳根京子“和泉”に「セリフも展開もきゅんが過多すぎる」

0

2022年05月22日 10:32  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」第6話(C)テレビ朝日
「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」第6話(C)テレビ朝日
山田涼介主演の「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」第6話が5月21日放送。今回は大橋和也演じる一ノ瀬に「後輩力が高くて可愛がりたくなる」などの声が殺到、自分の気持ちに気づいていく和泉にも「セリフも展開もきゅんが過多すぎる」などの声が上がっている。

主人公の丸谷康介を山田さんが演じ、前回康介とキスした真田和泉に芳根京子。和泉をバックハグした須藤周平に津田健次郎。康介に別れを切り出した森保莉子に鞘師里保。

関西支社から来た若手社員の一ノ瀬圭に大橋和也(なにわ男子)。康介とタッグを組んできた先輩社員の鏑木悟に迫田孝也。康介たちの上司・山室つかさに西田尚美。須藤周平に津田健次郎。自らを59歳の康介だと名乗るおっさんに古田新太といった面々も共演する本作。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

突然和泉からキスされた康介。「あのキスは何だったんだ!?」「告白に対する答え?」とキスの意味に悶々とするのだが、和泉はその後何事もなかったかのように振る舞い康介は戸惑う。和泉もこれまでの元カノたちと同様、自分の見た目の可愛さが好きなのではと考えた康介は、“可愛さの消費期限”を迎えたら和泉も去って行くに違いないと考え、せめて最後に思い出作りだけでもと、勇気を出して和泉をデートに誘う。

だが、デート中、休日出勤している一ノ瀬から康介に電話が。1人で得意先への提案書を提出しなければならなくなって困っていると泣きつく一ノ瀬をなんとかなだめた康介だが、その後も電話攻撃は一向に止まらず…というのが今回のおはなし。

鏑木から“ペア解消”を提案され、うるうるした瞳で、鏑木を説得する康介を見つめたり、追い込まれ過ぎて連絡がつかなくなり、心配になって戻った康介を前に号泣…。

そんな一ノ瀬に「ちゃんとまじめに仕事や人と向き合い反省も落ち込みもする人間味の塊のかわいい子」「一ノ瀬くんみたいな後輩欲しいよォ〜〜全力で可愛がるのに」「あんな後輩いたら仕事がんばる」「一ノ瀬くんは後輩力が高くて可愛がりたくなるタイプではあるよね」など、先輩たちが思わず気にかけてしまう一ノ瀬の“後輩力”を指摘する声も。

また一ノ瀬を探しに行く際、「最後のデート」と思わず口にしてしまい、和泉に悲しい顔をさせてしまう康介だったが、帰宅すると自宅前で待つ和泉の姿が。これまでの“ロボット”のような態度ではなく、自らの気持ちを素直に話す和泉。「自分のことをこんなにしゃべったのは初めて」という和泉は「これが好きという感情なのでしょうか」と、自分の想いに気づく。それに「だったら嬉しいな」と答えた康介は、「可愛すぎて、やばい」とつぶやき、今度は康介のほうから和泉にキスをする…。

自らの思いを語りながら、自分が康介を“好き”だと気づいていく和泉に「和泉ちゃんの些細な表情の変化がずっと可愛くて康介だけに見せたあの笑顔は本当にヤバかった」「康介が好きという感情に気がつけたときの和泉がかわいすぎ」「まじでセリフも展開もきゅんが過多すぎる」といった反応が続々と送られている。

【第7話あらすじ】
康介と和泉は付き合うことに。密かにメッセージのやり取りをするなど、幸せ度数100%の社内恋愛にウキウキの日々を送る。そんななか康介のマンションを訪れた和泉は、突然上京してきた康介の母・路子(室井滋)とバッタリ。いつの間にか康介の父・康弘(牟田浩二)のお見舞いに行くという話がまとまってしまう。しかし康介は和泉に“おっさん”を父親と紹介してしまっていた…。

「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」は毎週土曜23:30〜テレビ朝日系にて放送中。




(笠緒)

    オススメゲーム

    ニュース設定