NEWS小山慶一郎、韓国料理に「マシッソヨ」と感動 『よんチャンTV』レギュラーの“醍醐味”も明かす

20

2022年05月22日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真23日放送『よんチャンTV』に出演する(左から)福島暢啓アナ、小山慶一郎(C)MBS
23日放送『よんチャンTV』に出演する(左から)福島暢啓アナ、小山慶一郎(C)MBS
 人気グループ・NEWSの小山慶一郎が、23日放送のMBSテレビ『よんチャンTV』(後3:40)で、昨年8月以来2度目となる「京都のれん探偵」ロケに参加する。のれんをきっかけに京都をめぐるロケコーナーで、“のれん探偵”福島暢啓アナウンサーの優秀な“助手”となり、三条・四条通り周辺をめぐる。

【写真】「京都のれん探偵」“キティのれん”を発見して大興奮の山村紅葉

 昨年の初参戦以来、気がつけば日常生活でのれんの意味を考えてしまう自分がいるという小山。1軒目に見つけたのは白い無地ののれんで、何の店かさっぱり分からない福島探偵をよそに、小山は「ピニョ食堂」と書かれていることから理解し、外国語でオーナーに話しかける。

 実は、ミシュランビブグルマンに6年連続選出され、行列の絶えない韓国郷土料理の店。コンビヂチゲを味わった小山は「マシッソヨ」と感動し、大学でアジア史を専攻していただけに、福島アナに韓国まつわる知識を伝授する。対して、福島アナは助手から「なんも知らねぇなって思っただけで」と言われる始末。

 小山は『よんチャンTV』にレギュラー出演して1年が経ち、MBSに来るたびに「いつも楽しみにしていること」も明かす。自分の楽屋へ行く際、同じ月曜レギュラーのナジャ・グランディーバの楽屋の扉が開いていて、その時だけ見られる“ビフォー・ナジャ”の素顔が「MBSに来る醍醐味」だという。

 ロケ2軒目には、5本の細長い布が垂れ下がっているような不思議な形をしたのれんを発見し、小山はすぐに「あの形だ」と気がつく。また、最後に見つけたのは、細かいビーズで象が刺しゅうされた手の込んだのれんで、ここでも福島アナが見当違いな推理を披露する。

このニュースに関するつぶやき

  • MBS=毎日=侮日だからねえ。あいつら韓国に必死に媚びへつらいますね。日韓が何時までもいがみ合うのは良くないが、あいつらが自分たち間違いを改めないのに日本から媚びるのは間違いだ。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

ニュース設定