音楽と部活動、仲間…『20歳のソウル』『ハルチカ』ほか初夏におすすめの吹奏楽青春映画

0

2022年05月22日 13:02  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真『20歳のソウル』(C)2022「20 歳のソウル」製作委員会
『20歳のソウル』(C)2022「20 歳のソウル」製作委員会
いま最注目の若手俳優・神尾楓珠が務め、佐藤浩市、福本莉子、佐野晶哉(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)、尾野真千子といった人気と実力を兼ね備えた俳優陣が“アンサンブルを奏でる”映画『20歳のソウル』が5月27日(金)より公開。

かつて人気バラエティ番組で強豪校がコンクールに挑む様子が放送されて話題を呼ぶなど、いつの時代も人気の部活動として知られる吹奏楽部。日本は世界有数の吹奏楽大国であるといわれている。本作も吹奏楽部が舞台となり、千葉県船橋市立船橋高等学校に代々受け継がれている応援曲「市船soul」誕生の裏側にあった実話を描く“吹奏楽青春映画”。音楽、部活動、仲間、青春の葛藤といった要素が詰め込まれる映画たちは、爽やかな初夏の気分にもぴったり合いそうだ。





『ハルチカ』Sexy Zone佐藤勝利×橋本環奈がW主演

大ヒット青春小説「ハルチカ」シリーズを、「Sexy Zone」佐藤勝利と橋本環奈のW主演で映 画化。廃部寸前の吹奏楽部を復活させようとする女子高校生と幼なじみの男子の音楽にかけ る強い想いと淡い恋が爽やかな青春ラブストーリー。佐藤さんはホルン、橋本さんはフルートにとそれぞれ演奏初挑戦。劇中奏でられる吹奏楽曲の臨場感に音楽がもつパワーを感じる作品となっている。


『スウィングガールズ』上野樹里&貫地谷しほりら出演

シンクロナイズドスイミングに挑戦する落ちこぼれ男子高校生たちの奮闘を描き、大旋風を巻き起こした『ウォーターボーイズ』と共に、青春映画の金字塔とも名高い本作。手掛けるのは同作と同じ矢口史靖監督。上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカら楽器未経験の女子高生たちが、徐々にビッグバンドの音楽に没頭していく様は痛快で、ラストシーンの演奏会では思わずスタンディング オベーションしたくなるほどの熱気が味わえる。


『響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』吹奏楽経験者が太鼓判

吹奏楽部が舞台の青春小説を原作とした京都アニメーション制作のテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の完全新作劇場版。テレビシリーズでは1年生だった主人公たちが2年生になり、新たに入部してきた1年生たちとともに吹奏楽全国大会金賞を目指す部活青春エンターテイメント。個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる人間ドラマと、実写にも匹敵する圧巻の演奏シーンも見どころ。


『20歳のソウル』強豪・市船を勝利へと導く神応援曲

劇中には現役の市船吹奏楽部員も参加。神尾さんをはじめとするキャストは、楽器の猛特訓に加え、市船吹奏楽部に入部し生徒たちと同じように厳しい練習の日々を体験したそう。その成果はスクリーンで遺憾なく発揮され、全員が息を合わせて演奏する姿には胸を熱くなり、主人公が魅せられた“法のような音楽の力”を感じることができるだろう。力強い「市船soul」のメロディーと、命をかけて音楽を生み出そうとする主人公の懸命な姿は必見。

『20歳のソウル』は5月27日(金)より全国にて公開。




(text:cinemacafe.net)
    ニュース設定