iPhoneの大きい画面を片手で操作しやすくする方法

0

2022年05月22日 15:12  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真「簡易アクセス」を有効化してホームバーを下にスワイプすると、実際に半分近く画面が下に動く
「簡易アクセス」を有効化してホームバーを下にスワイプすると、実際に半分近く画面が下に動く

 iPhoneの画面サイズは大きい。「iPhone 13」では6.1型で、片手に収まるサイズだったとしても画面を端から端までタップするには不安定な持ち方が必要になる。両手で操作すれば済むことだが、テレビのリモコンを操作しながらとか、PCのマウスを動かしながら、のような片手で操作したいタイミングは多いだろう。



【その他の画像】



 そんなときは「設定」の「アクセシビリティ」→「タッチ」から、「簡易アクセス」を有効にしよう。すると、画面に表示される「ホームバー」を下にスワイプする操作で画面を下げられる。



 ホームバーのスワイプは少し難しい。ホームバーの少し上から指を当てて下にスワイプすると楽にできるが、慣れるまでには時間がかかった。この操作を使えばホーム画面上部のアプリにもアクセスしやすくなり、片手操作が楽しくなるはずだ。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定