大人のための星占い!2022年5月23日〜5月29日【おひつじ座〜うお座】

3

2022年05月22日 21:51  All About

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真2022年5月第4週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。
2022年5月第4週の12星座占いです。この時期どんなことが起こるのか、星の動きからひも解いていきましょう。【大人のための星占い】をお届けします。
占術研究家・心理テストクリエーター章月綾乃の12星座占い。2022年5月23日〜5月29日の運勢を西洋占星術で占います。

火星が潜在的なニーズを汲み上げ、おひつじ座内で幸運の星・木星と重なり、世の中をよくするための急進的な変化が起こります。

ただ、その視野は狭く、私利的に働くため、他者との利害の対立を引き起こすことに。今週は人とぶつかるのは想定内、問題はその後の対処法です。大人の解決を図るまでがミッションに。

おひつじ座(3月21日〜4月19日生まれ)

「生きやすさ」が戻ってきます。何が起こっても、その理由や背景が納得できるから状況を受け入れられるし、それならこうしようと次の方針も見えてくるはず。つまり、あなたは、理解できれば動けるということ。今週は、わからなければ、「どうしてなのか」「何を変えたいのか」聞きましょう。

そして、誰よりも運が強い時だからこそ、「聞く耳」を持つことが大事。世界最強の武将でも歩兵を動かせなければ、戦には負けます。つまり、人の力を引き出すためには、あなたが歩み寄っていく。それが、成功の器を大きく広げるのです。愛は、26日以降にたたみかけて。

おうし座(4月20日〜5月20日生まれ)

人の振りを見て我が振りを直しましょう。「ああはなりたくない」という気持ちが強力なセーフティーネットとなるはず。機嫌よく背筋を伸ばすことから始めてみて。

一方、あなたの人の良さを嗅ぎつけて、困ったちゃんがやってきそう。撃退法は詳しい話を聞かずに、「できません」の一点張りでいくこと。

評判が下がる? 空気が読めない? いえいえ、扱いにくい人と思わせたほうがずっといいのです。この先振られる厄介事を全部回避できるのですから。ガンコ、頑な、使えない奴でOK! デートは、温泉やマッサージなど癒しプランが好反応。

ふたご座(5月21日〜6月21日生まれ)

やらかしやすい運勢。あなたはきっとわかっているはず。「やらなくちゃ」「何かちょっとおかしいぞ」と。でも、なんだかんだで後手に回って、「しまった」になりやすいのです。

大事なのは、そこからの巻き返しです。潔く非を認め、相手にすべて委ねてしまいましょう。「代わりに何をすればいいですか?」的な素直さ、真摯さが災い転じて吉となすミラクルを起こすはず。

ピンチに陥ることでチャンスをつかむ、リカバリー力はバッチリあるので、焦らずに建設的な道を探っていきましょう。愛は、深追い禁止。縁があれば、戻ってきます。

かに座(6月22日〜7月22日生まれ)

ラッキーと老害は紙一重。あなたのやりやすさやお得は、誰かの妥協や犠牲の上に成り立っているかもしれません。

人の上に立ち、采配をふるう気運だからこそ、一緒に組むメンバーや支えてくれる人たちへの感謝と配慮を忘れずにいましょう。「何かやりにくいことはない?」とストレートに聞いてしまうのも悪くないアイデア。

そして、聞いた以上は、相手の力になってあげること。頼れる大人、信頼できる上司や親でいることが、この先の運気を底上げしていきます。オフは、ボランティア活動に学びが。愛は、アウトドアレジャーで育んで。

しし座(7月23日〜8月22日生まれ)

個人的に「アリ」でいきたい。でも、社会的には「ナシ」なのです。自分の本音、正直な気持ちと立場や役目にズレが生まれるでしょう。何かしてあげたい、でも、やれることはそう多くはないはず。

ルールやシステムの見直しの提言は可能ですが、今回は間に合わない可能性が高め。ただ、一石は投じられるでしょう。そういう納得、落とし所でよしとして。

なお、今週感じる無力感や不完全燃焼な思いは、いずれパワーに変わります。ここで考えたこと、感じたこと、動いたことを未来につなげていきましょう。すべてに意味があります。愛は、慰めを求めて。

おとめ座(8月23日〜9月22日生まれ)

調子の悪さを自覚できそう。情けない気分になりそうですが、決して悪いことではありません。ペースを落とす、チューニングをかけることで本来のパフォーマンスを取り戻せるのですから。メンテナンスに力を入れ、心身を労わりましょう。

また、思いが過去に向きやすい時期ですが、昭和レトロや平成ノスタルジーに触れると自己嫌悪に陥るだけ。旬のエンタメ、最新の娯楽から刺激を受けるのがオススメ。まだまだやれる、もっとできると不思議なヤル気が沸き上がってくるはずです。そして、若者との交流も有意義。

愛は、生返事は地雷を踏み抜きます。全集中で。

てんびん座(9月23日〜10月23日生まれ)

強運は発動しています。でも、ソノ気になれないでしょう。「新しく」と熱く語られても既視感があって焼き直しだとわかってしまうし、「あなたにぜひ」という口説き文句も「みんなに言っているよね」とピシャリとやりたくてたまらないのです。要は、気に食わないわけ。

そんな時は、もったいない気もしますが、流してよし。もっと、あなたをわかってくれる人、心からワクワクする企画がこの先現れます。また、社交も、気疲れしやすいみたい。お金は払うけれど行かないなど離れ業で身を守り、本当にやりたいことに集中を。ショッピングデートはマンネリ防止に。

さそり座(10月24日〜11月22日生まれ)

「リセット」と「リスタート」がテーマ。行き詰ったら、一回終わらせてみるとよさそうです。ここで区切りをつけると、あなたを悩ませることから遠ざかることができるでしょう。

別に永遠の別れではありません。またやりたくなったら、第二章を始めればいいし、さよならに「またね」とルビをふってもいいわけです。

また、休んだり、気分転換をしたりすることも大事。秘湯の宿に一人で泊まってみる、鍾乳洞に潜ってみる、神社を訪ねるなど、さそり座さんの根幹に触れるようなお出かけがオススメです。買い物はセールものが狙い目。愛は言葉より行動で示して。

いて座(11月23日〜12月21日生まれ)

人からの誘いや出会いが多く、賑やかなムードです。楽しい計画が持ち上がって、久しぶりに明るい気分になれるはず。でも、長く続いた自粛生活で感覚が鈍っています。時間が足らない、予算オーバーなど、見込み違いが起こりやすいようです。

なので、フルに参加するよりも、部分的に混ぜてもらって、よさそうなら無理のない範囲で延長をお願いするような形がよさそう。メンバーに加わるのではなく、ビジターやゲストの立ち位置をキープするように心がけてみて。

求職もバイトや契約社員の枠を狙うのがオススメ。愛は、スポーツやゲームで対戦を。

やぎ座(12月22日〜1月19日生まれ)

気が散りやすい運勢。やりたいことがあっても、まず、やるべきことからやろうとするのがザ・優等生なやぎ座さんの性分です。でも、今週は思いのほか衝動の方が強いみたい。必要最小限のノルマを果たし、お楽しみを優先するのが正解。先に遊んでしまえば、やるしかないとお尻に火がつきます。

買い物も本当に欲しい物を我慢すると、代わりにつまらないものを買ってしまう恐れが。願望や欲望をあなどらないこと。それは、必要だから気を引かれるのです。望みを叶えた分、きっちり働けばいいだけのこと。愛も希望を通し、その分、お返しを。

みずがめ座(1月20日〜2月18日生まれ)

楽しくハッピーな運勢ですが、後ろめたさがつきまといそう。「こんなことをしている場合じゃないのに」「もっと頑張らないといけないのに」と自分で自分に制限をかけたくなるでしょう。

でも、それ、何の意味があるのでしょうか? あなたは、もう大人。好きな時に好きなことをしても、誰にも怒られません。

職場のルールや世の中の空気はもちろんありますが、自分の裁量で正しい、必要だと思うことをしましょう。遊ぶなら無心で遊ぶ、いちいち報告や言い訳をしない。見えない呪縛を断ち切るチャンス。愛はギブ&テイク。先に与えるのがコツです。

うお座(2月19日〜3月20日生まれ)

スペシャルサービスウィークに突入します。「お、いいね!」と気分がアガりましたか? 種明かしをすれば、あなたがサービスする一週間です。愛と優しさと想像力を駆使して、身近な人たちを幸せにしてあげましょう。応援する、支援する、便宜を図るなど、力を貸してあげて。

また、お財布に余裕があれば、おごってあげたり、プチギフトを振舞ったりするのもよさそう。部下や我が子のリクエストにも耳を傾けて。人が喜ぶことをする楽しさや喜びに目覚めれば、あなた自身も満たされるはず。週末の大掃除はツキをUP。デートはおこもり風に。
(文:章月 綾乃(占いガイド))

    前日のランキングへ

    ニュース設定