『マイファミリー』ついに“誘拐犯”が発覚 衝撃展開にネット悲鳴「やっぱりお前だったのか!」【ネタバレあり】

0

2022年05月22日 21:53  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真日曜劇場『マイファミリー』の場面カット(C)TBS
日曜劇場『マイファミリー』の場面カット(C)TBS
 嵐の二宮和也が主演を務める、TBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜 後9:00)の第7話が22日、放送された。

【写真】犯人はコイツだ!「俺が誘拐した」と自白するシーン

 人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される、ノンストップファミリーエンターテインメント。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていく。『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。

※以下、ネタバレあり
 まさか犯人がハルカナの社員・鈴間(藤間爽子)だったとは! 意識を取り戻した温人(二宮和也)は急いで鈴間の身辺を調べつつ、共犯がいるのではないかと考える。実咲(凛美)の安全のため、警察に届けることはできない中で、ある人物に疑いの目が向けられ、不信感を強めていく…。

 東堂(濱田岳)の娘・心春(野澤しおり)に始まった4つの誘拐事件。犯人は誰なのか? その目的は? 三輪(賀来賢人)と東堂も鳴沢家に集まり、真相を探る。そんな温人たちを密かにマークする警察。すべてが闇に包まれるなか、温人はある違和感に気づく。「まさか、真犯人はお前だったのか?…という第7話のストーリーだった。

 実行犯・鈴間の素性を調べるうちに、香菜子(高橋メアリージュン)も共犯の可能性が浮上した。身内の裏切りに困惑する温人。それでも実咲奪還へ取引は続く。徐々に真相に近づき、疑惑を向けられた香菜子は主犯格ではなく、鈴間の一件を会社の為に見逃していたことが明らかになる。

 そして第7話終盤、未知留、三輪、東堂との4人のシーンで「犯人がわかった」と切り出す温人。自宅のWi-Fiルーターに盗聴器を仕掛けた疑惑、犯人が使ったゲームアカウントは「haruto1212」が東堂夫婦の結婚記念日と一致すること、そして鈴間は東堂の知り合いだったという事実を突きつける。

 温人が「犯人は、お前なのか、東堂」が語りかける。黙り込んでいた東堂はわずかに頷き「俺が誘拐した…」と声を絞り出す…というシーンで終了した。ネット上では「やっぱりお前だったのか!」「動機は??」「信じてたのに」「しんどすぎて胸が痛い」などの声が寄せられている。
    ニュース設定