大宮vs仙台でサポーター間トラブル…大宮サポが暴力行為、仙台サポは「感染症対応ガイドラインに抵触」

51

2022年05月22日 22:48  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真写真
 21日に行われた明治安田生命J2リーグ第17節大宮アルディージャvsベガルタ仙台において、サポーター同士のトラブルが発生した。22日に両クラブの公式サイトが伝えている。

 大宮の発表によると、試合後、大宮のサポーターがビジターサポーターゾーンへ侵入。「暴力を振るうという、あってはならない行為」が発生した。なお、両クラブおよびマッチコミッショナー立会いのもと、行為者が謝罪を行ったことで、当事者間で和解に至っているようだ。

 大宮は「ホームクラブとして、当日ご来場いただいたすべての皆さま、多くの方々にご迷惑とご心配をお掛けしたことについて、お詫び申し上げます」と謝罪。今後の対応については、次のように説明している。

「クラブとして、今回発生した行為を重大に受け止め、二度と同様のことが生じないよう、行為者に対して経緯、行為を含め事実確認を行った上で、規定に準じて厳正に対処いたします。大宮アルディージャは、いかなる理由があったとしても、暴力行為は決して許されるものではないという認識のもと、安心、安全で快適なスタジアムづくりに引き続き取り組んでまいります」

 また、当該試合においては、仙台サポーターによる新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに抵触する行為もあった。仙台は「同試合にご来場のお客さまに不快な思いをさせたことについても重ねてお詫び申し上げます」と謝罪し、「当クラブでは今回のトラブルを真摯に受け止め、当クラブサポーターへ指導を行います。今後も再発防止の徹底、安心、安全で快適なスタジアムづくりに向けて取り組んでまいります」と再発防止策を掲げている。

このニュースに関するつぶやき

  • なんかサッカーって他のスポーツよりこういうの多い気がするんだけどなんなんだろう
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(44件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定