人生の幸福度は自分で決めるべし! たとえ年収300万でもFIRE(自由な生き方)は可能!?/年収300万円FIRE

10

2022年05月23日 06:41  ダ・ヴィンチWeb

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチWeb

写真『年収300万円FIRE 貯金ゼロから7年でセミリタイアする「お金の増やし方」』(山口貴大/KADOKAWA)
『年収300万円FIRE 貯金ゼロから7年でセミリタイアする「お金の増やし方」』(山口貴大/KADOKAWA)

 早期リタイアなんて高所得者だけの特権?――いいえ、その考えは間違いかもしれません。

気楽に働いて自由な時間も増やせる!「FIRE」より難易度の低い「ゆるFIRE」という生き方

 山口貴大著の書籍『年収300万円FIRE貯金ゼロから7年でセミリタイアする「お金の増やし方」』を参考に、あなたも“労働に縛られない生き方”を目指してみませんか。

 リモートワークの普及や働き方改革がすすみ、ライフスタイルの選択肢が増えています。「FIRE」とは経済的な自立を実現させて、仕事を早期に退職する自由な生き方のこと。本書では、年収が低くてもFIRE達成可能な「お金の増やし方」をわかりやすく解説します。これでお金の心配をしなくていい自由な生活も夢じゃない!?

 著者の山口貴大さんは、「FIREは年収が高い人のものではありません」と言います。年収が低くてもFIREを達成できる人は何が違うのでしょうか。

※本作品は、山口貴大著の書籍『年収300万円FIRE貯金ゼロから7年でセミリタイアする「お金の増やし方」』から一部抜粋・編集しました

突然ですが、質問です。
みなさんは、次のうちのどれが、FIRE達成に最も必要だと思いますか?

Q 問題1
FIRE達成に必要なものは?

’収の多さ
∪験菷颪鬟リギリまで低く抑えること
収入の一定割合を貯蓄すること

 もしかしたら、「’収の多さ」と答えた人が多いかもしれませんね。

 FIREってお金持ちでないとできないようなイメージがありますから。

 お金持ち=年収が高い人、って思ってしまいがちです。

 でも実は、そんなイメージ自体が誤解や偏見といっていいのです。

FIREは年収が高い人のものではありません。

 年収が1000万円あっても、できない人はできないんです。

その一方、たとえ年収300万円で、今、貯金が0円であっても、やり方さえ間違えなければ7年で達成可能です。

 実際に年収が低くても頑張ってFIREを達成された人がぞくぞくと誕生しています。

22歳年収300万円、貯金0円
 ↓
29歳でFIRE

32歳年収300万円、貯金0円
 ↓
39歳でFIRE

 もちろんこれは、年収が400万円とか500万円とか、それ以上の方にもあてはまる話です。

 年収が高かったり貯蓄の額が多かったりするほど、FIREまでの期間を7年よりも短くすることができます。

 では、問題の答えはどれでしょうか?

A 答え
 意外かもしれませんが「収入の一定割合を貯蓄すること」です。

 収入のうち貯蓄に回す割合を、専門用語で「貯蓄率」といいます。収入の中から一定割合を貯蓄に回し、さらにはそのお金の割合を増やすこと、つまり「貯蓄率を上げる」ことがFIRE達成に最も必要な要素です。

 ちなみに、「貯蓄」とは、貯金箱や銀行の普通預金、定期預金にお金を貯める「貯金」だけとは限りません。

 株式や投資信託や債券に投資したり、貯蓄型の保険に加入したりするなど、あなたの保有する金融資産全体が「貯蓄」にカウントされます。

「なんかウソくせ〜」と思いましたか?

 そう思われるのも無理はないかもしれません。

 そこで、まずは「証拠」をお見せしましょう。

 次ページの図1は先ほどご説明した「貯蓄率」、投資で得られる1年間の利回りを示した「投資リターン率」、そして「FIREするまでの期間」の相関関係を表したグラフです。

 縦軸がFIREするまでの期間、横軸が貯蓄率です。

年収300万円FIRE 貯金ゼロから7年でセミリタイアする「お金の増やし方」

 さて、今から問題を出します。

Q 問題2
貯蓄率が高くなると、何が起こっていますか?

「数字、苦手〜」などといわず、1分でもいいので、どうか、この問題について考えてみてください。

A 答え
FIREまでの年数が短くなり、10年以下の領域では線が重なってくる。

 そうなんです!

 貯蓄率が高くなればなるほど、FIREまでの年数が短くなるんですね。

 図1の左側、貯蓄率が0.1から0.3と低いあたりをご覧ください。

 貯蓄率が低い場合、投資リターン1%と8%では、FIRE達成までの年数にかなり大きな開きが出てきます。

 しかし、図の右側で貯蓄率が高くなればなるほど、その差がどんどん小さくなっていきます。

 ちなみに、図には一切、「年収」は出てきません。

 年収300万円の人にも1000万円の人にもあてはまることなのです。

 つまり、年収がどんなに高くても、貯蓄率が低ければ(=支出が多ければ)、FIREできないということがおわかりいただけたでしょうか。

 この本で私がご紹介するFIREの形は、みなさんが想像しているものとは、少々違っているかもしれません。

 FIRE後に、

・港区に家を買う
・高級外車を複数台乗り回す
・南の島の一流ホテルでトロピカルライフを送る

 といった生活が待っているイメージは、残念ですが、あまり期待しないほうがいいかもしれません。

 FIREを達成するということは、大金持ちになって、湯水のごとく、お金を使うことではありません。

 もし大金持ちになりたいのであれば、何か事業でも成功させて大金を稼いでから、さらに投資で大きなリスクをとって、莫大な資産を築く必要があります。

 それは私がみなさんにお伝えしたいFIREではありません。

 では、FIREとは何か?

FIRE=自由

 FIREとはお金を働かせることで「インカムゲイン(投資の定期収入、つまり不労所得)」を得て、その限られた収入の中で人生を自由に過ごすことです。

 生活のために働く必要がなくなり、好きなことに時間が使えます。

 趣味や旅行、大切な人と過ごす時間、やりがい、生きがいを感じるためだけに続ける仕事──。

 そういったことに時間を使い、豊かに生きるための手段、それがFIREです。

 FIREのマインドセット(思考パターン)は、

いっぱい稼いでいっぱいお金を使う「消費マインド」ではなく、お金に振り回されない自由を満喫する「フリーダムマインド」

 なのです。

 このことをご理解いただいたうえで、本書を読んでいただければ幸いです。

 私がこの本で示したいのは、ものすごいぜいたくはできないものの、短期間に誰でも達成可能なFIRE(自由な生き方)です。

 やりたくもない仕事をして、これから先も我慢して働くと思うと、目の前が暗くなる──。そんなストレスから解放され、自分自身が主役の人生を楽しみたい。家族やペットと、ゆったりした時間を過ごしたい。

 物質的なぜいたくではなく、心のぜいたくを満喫できるFIRE達成の方法をいっしょに考えませんか?

 本書は豪華な生活や見栄、優越感のためにお金を増やそうという本ではありません。

 大切な人生をお金に振り回されないようにするための本、逆にお金をあなたの人生にとって頼もしく、力強い味方にするための本です。

 お金のプロとして、ものすごく基本的なことから、やさしく具体的に書きました。

 そのため、投資のことがまったくわからない超初心者の方でも、FIREのやり方が簡単にわかるようになります!

 みなさん、この本を読んで、自分の大切な人生を見つめ直してみませんか?

このニュースに関するつぶやき

  • グラフから貯蓄率0.7で7年くらい。年収は手取り年収と解釈。手取り年収300万なら210万を貯蓄(投資)=年間総支出90万の生活が要求される。家賃の目安を年収の20%とすると残りは30万
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(8件)

前日のランキングへ

ニュース設定