西武の高卒ルーキー・滝澤が3安打の固め打ち 高木豊氏も絶賛「源田が戻っても使ってほしい」

2

2022年05月23日 07:02  ベースボールキング

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真西武・滝澤夏央が躍動 (C) Kyodo News
西武・滝澤夏央が躍動 (C) Kyodo News
◆ レギュラー獲りのために必要な“勉強”とは…?

 西武が交流戦前最後の試合で連敗をストップ。

 3−0で日本ハムを下した22日の試合、「2番・遊撃」で先発出場した滝澤夏央が躍動した。




 18日のソフトバンク戦から一日一善を続けている18歳は、この日も初回に日本ハム先発・金子千尋からセンターに弾き返す安打。早々に4試合連続安打を記録する。

 5回一死の第3打席では、吉田輝星の速球を詰まりながらもセンターの前へ。9回二死の第5打席も谷川昌希の速球をシャープにセンターへと運び、プロ初の1試合3安打をマークした。

 22日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した高木豊氏も「素晴らしい活躍」と若き新星の躍動を絶賛。今後の飛躍にも期待を寄せる。



 滝澤の特徴について「一軍投手のボールをファウルにしないミート力がすごい」と語り、「だから詰まっても落とせる」と的確にボールをとらえる能力を強調。

 「選球眼も良くて、ボール球は一切振らない。西武打線にいなかったタイプの選手」とし、強打者が並ぶ打線の中でアクセントになっていると解説した。


 一方で、「初回のシーン」には注文も……。

 一死満塁で打席には外崎修汰。安打で出た滝澤は二塁にいたが、外崎のレフトフェンス直撃の当たりで日本ハムの左翼手・今川優馬が落下点に入ったと見せかけてクルっと振り返りクッションボールを処理するトリックプレーを発動。滝澤はこれに引っ掛かってしまい、2点適時二塁打でもおかしくない当たりが打点1の単打となってしまったというひと幕があった。

 「たしかに今川は上手くやったが、ああいうのは自分の目で判断できるようにならないと」と高木氏。「相手に騙されていたらダメ。そこは勉強ですね」と、今後の飛躍に向けてアドバイスを送った。


 それでも高木氏は「源田が帰ってきた時にどうしようかなと。ポジションを与えてほしいなと思わせるような選手」と滝澤の魅力を猛プッシュ。

 「源田がショートに戻ってきたら、滝澤をセカンドにして外崎を三塁とか、外野に持ってくるとか。そういった選択肢も考えるくらいの良い選手」とまで言わしめた。

 昨秋の育成ドラフト2位で指名を受けた高卒ルーキーが、支配下登録からレギュラー奪取へ太鼓判を押されるまでの存在に。手負いの獅子に現れた新星候補から目が離せない。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』




【動画】18歳の躍動つづく…西武・滝澤夏央がプロ初の猛打賞

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定