7月期日曜劇場『オールドルーキー』綾野剛に続く出演者を毎日発表、2人目は高橋克実

0

2022年05月23日 07:40  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

TBSでは、2022年7月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時放送)で放送するする『オールドルーキー』。主演の綾野剛に続き、高橋克実の出演が発表された。



本作で主人公の新町亮太郎(しんまち・りょうたろう)を演じるのは綾野剛。そして脚本を担当するのは、TBSドラマは2002年放送の『真夜中の雨』ぶりとなる福田靖。『HERO』シリーズや『海猿』シリーズ、NHK連続テレビ小説まんぷく』など、数々の人気ドラマで丁寧な人物描写と温かい物語を作り上げてきた。今回、綾野演じる新町が率いる“チーム”はどのような物語を紡ぎ出すのか。


主人公の新町は、サッカーに人生をかけてきた底抜けに明るいプロサッカー選手。しかし、怪我の影響で低迷し、J3のチームに所属後、37歳で突如現役引退に追い込まれてしまう…。37歳にして新人。社会人デビューとしてはあまりに遅すぎる新町が、どん底の中で出会ったのは、“スポーツマネージメント会社「ビクトリー」”。スポーツマネージメントとは、現役アスリートの代理人やマネージメントを行う、いわば裏方。それでも、サッカーを心底愛し、スポーツを誰よりもリスペクトしているからこそ、新町はそこで働く決意をする。何よりもサッカー選手だった自分を誇りに思ってくれていた娘たちのために!


このたび、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」で働く個性豊かな面々をはじめとした、ドラマ出演者たち=本作のベストイレブンを、本日5月23日(月)を皮切りに毎日発表していくことが決定した。


主人公・新町を演じる綾野に続く2人目の出演者は、数々の作品で印象を色濃く残している高橋克実。高橋が演じるのは、「ビクトリー」の最年長社員・葛飾五郎(かつしか・ごろう)。「ビクトリー」の番頭を務める葛飾は、若さ溢れるギラギラした部下たちのストッパー的存在であり、「ビクトリー」の社長が唯一心を許している人物。温和で面倒見がよく、その笑顔の裏で幾多の試練を乗り越えてきた葛飾の存在感は高橋そのものだ。そして新町と同様に、葛飾にも過去に一度挫折を味わった経験がある。新町の「ビクトリー」での新たな人生を通し、葛飾の過去が描かれることはあるのだろうか?


また、今作ではアスリートたちへのリスペクトと共にスポーツが持つさまざまな魅力をリアルに届けるため、実際のトップアスリートたちに緻密な取材を行い、各話でさまざまなアスリートにスポットを当てる。今作の主人公の職業がスポーツマネージメントということで、明日から出演が発表されたキャストのPR動画を発表当日に試合が行われる会場の一部のビジョンで放映する。サッカー・Jリーグ全面協力のもと、Jリーグ(J1・J2・J3)開催スタジアムで、さらに横浜DeNAベイスターズにも協力してもらい、横浜スタジアムでも放映予定。大きな画面で見る豪華なベストイレブンたちの映像にも注目だ。


サッカー以外のスキルや経験が何もないどん底に追い込まれた主人公が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。完全オリジナルで届ける2022年7月期の日曜劇場『オールドルーキー』に期待が高まる。


<高橋克実 コメント>

知ってるようで
知らない世界。
現役のトップアスリートのマネジメント。
引退したアスリートの第二の人生のマネジメント。
スポーツしかやったことのない人が
突然、実社会に放り込まれたら?
興味津々!
早く第一話が見たい!


■日曜劇場『オールドルーキー』
2022年7月期
毎週日曜よる9:00〜9:54

(C)TBS

    ニュース設定