ロッテ、京成電鉄と共同で佐々木朗希「160km/hプロジェクト」を実施

4

2022年05月23日 14:22  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真マリンビジョンに掲出される予定の「京成スカイライナー」オリジナルビジョン演出画像(球団提供)
マリンビジョンに掲出される予定の「京成スカイライナー」オリジナルビジョン演出画像(球団提供)
 ロッテは23日、千葉ロッテマリーンズと京成電鉄は共同で「160km/hプロジェクト」を開始し、5月27日阪神戦(ZOZOマリンスタジアム、18時00分試合開始)以降のZOZOマリンスタジアムで佐々木朗希が登板した試合で160km以上を計測した際に来場者プレゼント企画と「京成スカイライナー」オリジナルビジョン演出を実施することになったと発表した。

 これは千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手が160km超の直球を武器に完全試合達成、3、4月度 大樹生命月間MVP賞を受賞するなど大活躍を見せていることと、京成電鉄が運行する空港アクセス特急「京成スカイライナー」の最高速度が時速160kmであることから実施することになったもの。

▼ 「160km/hプロジェクト」の詳細
・来場者プレゼント企画:5回終了までに160km以上を計測した佐々木朗希投手の投球数を当選者数として、当日来場者の中から抽選で京成グループ共通優待券16,000円分をプレゼント(例えば試合の中で佐々木朗希投手が160km以上を5回、計測した場際は5名の方に京成グループ共通優待券16,000円分をプレゼント。)
・「京成スカイライナー」オリジナルビジョン演出:佐々木朗希投手の投球が160kmを計測するたびに、京成スカイライナーがリボンビジョン(ZOZOマリンスタジアム内野に設置されている横長のビジョン)を駆け抜ける演出を実施。また、5月23日時点での佐々木朗希投手の自己最速である164km以上を計測した際にはリボンビジョンでの演出に加えて、マリンビジョン(バックスクリーンメインビジョン)でその投球の球速が表示された特別演出を実施。

このニュースに関するつぶやき

  • 160km/hといっても印旛日本医大〜空港第2ビル間だけの「瞬間最高」なのですが。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定