11年の時を経て…イブラヒモヴィッチがミランを再び玉座へと導く「約束を守った」

3

2022年05月23日 14:44  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真約束を果たしたイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
約束を果たしたイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images
 ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、セリエA優勝の喜びを明かした。22日、イタリアメディア『フットボールイタリア』が伝えている。

 セリエA第37節終了時点で首位に立つミランは、最終節でサッスオーロと対戦。引き分け以上で2010−11シーズン以来のスクデット戴冠となるミランは17分、FWオリヴィエ・ジルーのゴールで先制に成功すると、32分にも同選手が決めてリードを2点差に広げた。さらに36分、MFフランク・ケシエが優勝を手繰り寄せる3点目。試合はこのまま3−0で終了し、ミランが史上19度目の玉座に就いた。

 2019年12月にミランへ7年半ぶりに復帰したイブラヒモヴィッチ。2010−11シーズンの優勝経験者として、ミランを再びスクデットに導くことが使命だった同選手は「ミランが優勝したとき、俺はここにいて、11年後に優勝した時、またここにいるんだ」と快哉。続けて「俺はここに来たときに交わしたミランとの約束を守った。スクデットを再び獲得する、と言ったときには多くの人が笑ったけど、俺たちは懸命に努力し、結果のために苦しむということの意味をチームに示した」と約束を果たしたと口にしている。

 4月30日に病気のため54歳で逝去した大物代理人のミノ・ライオラ氏。自身の代理人を務めていたライオラ氏について、イブラヒモヴィッチは「ミノは俺をミランに欲しがり、ミランを救えるのは“お前だけだ”と言ってくれた人物の一人だ。このトロフィーを彼に捧げるよ」と告白。また、どのような言葉をかけてあげたいか、と問われた同選手は「あと10年プレーして、もっと金を盗もうぜ!」とイブラ節をもって、ライオラ氏に思いを馳せた。

このニュースに関するつぶやき

  • 一人の選手でここまで結束するとはね。しっかしあの勝負弱い監督と言われたピオリで優勝は想像できなかったわ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定