TOKYO FM、聴取率全日平均「男女12〜69歳」で単独首位 昨年10月度以来の快挙

0

2022年05月23日 15:04  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真TOKYO FM、聴取率全日平均「男女12〜69才」で単独首位 幅広い支持受ける
TOKYO FM、聴取率全日平均「男女12〜69才」で単独首位 幅広い支持受ける
 TOKYO FMは23日、4月18日から24日に行われた『ビデオリサーチ首都圏ラジオ聴取率調査』において、全日平均の「男女12〜69歳」で単独首位を獲得したと発表した。昨年10月度以来の単独首位となる。

【写真】月〜木”昼の顔”『ダレハナ』パーソナリティーを務める山崎怜奈

 このほか、【男女12〜59歳】、当社コアターゲット【男女18〜49歳】でも単独首位を獲得。さらに【男女20代】、【男女30代】、【男女40代】、【M1F1(男女20〜34歳)】、【M2F2(男女35〜49歳)】、【男女高校生】、【男女中学生】と幅広い年齢区分で在京首位を獲得した(※同率首位含む)。

 平日ワイド番組が好調でスコアが上昇。平日午前6時〜『ONE MORNING』、9時〜『住吉美紀のBlue Ocean』、11時〜『ディア・フレンズ』、11時30分〜『ALL-TIME BEST』、午後1時〜『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』、3時〜『THE TRAD』、5時〜『Skyrocket Company』、木曜11時30分〜『サステナ*デイズ』、金曜午後1時〜『JUMP UP MELODIES』、金曜午後3時〜『TOKYO TEPPAN FRIDAY』と、計10番組において、当社コアターゲット【男女18〜49歳】区分で同時間帯トップとなった。

 このほか、TOKYO FMの土日番組も高い聴取率をマーク。土曜午前帯(6:00〜12:00)、日曜午前帯(6:00〜12:00)において、当社コアターゲット【男女18〜49歳】で在京トップを獲得。土曜は『COUNTDOWN JAPAN』、『福山雅治 福のラジオ』、『リリー・フランキー「スナック ラジオ」』、麒麟・川島明の『Wonderful Journey〜土曜日のエウレカ〜』、『桑田佳祐のやさしい夜遊び』、日曜は『木村拓哉Flow』、秋元康と小島瑠璃子の『いいこと、聴いた』、『山下達郎のサンデー・ソングブック』、『ももいろクローバーZのハッピー・クローバー!TOP10』、『あ、安部礼司』、『SPITZ草野マサムネのロック大陸漫遊記』といった看板番組も高スコアを獲得。土日においても幅広いリスナーから高い支持を得た。
    ニュース設定