神奈川県「住みここち」ランキング…駅1位は「みなとみらい駅」、自治体1位は「横浜市都筑区」

4

2022年05月23日 17:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真住みここち(駅)の1位は「みなとみらい」でした ※画像はイメージです(picture cells/stock.adobe.com)
住みここち(駅)の1位は「みなとみらい」でした ※画像はイメージです(picture cells/stock.adobe.com)

大東建託株式会社は、神奈川県の駅および自治体を対象にした「街の住みここち2022ランキング<神奈川県版>」をこのほど発表しました。神奈川県居住の20歳以上の男女5万2066人を対象に聞いた調査で、住みここち1位の駅には「みなとみらい(みなとみらい線)」が選ばれました。また、住みここち1位の自治体には「横浜市都筑区」が選ばれたそうです。

【表】神奈川県「住みここち」の良い駅・自治体ランキングはこちら

神奈川県に居住する人に、今住んでいる駅と自治体について「生活利便性」「交通利便性」「行政サービス」など8つの項目について評価してもらって作成したランキングで、2019〜2022年の4年にわたって集めた回答を集計しているといいます。また駅のランキングは、駅徒歩15分以内に居住している回答者が30人以上の駅を、自治体ランキングは回答者が50人以上の自治体を対象にしているそうです。

住みここちが良い駅の1位は、2年連続で「みなとみらい」でした。また、2位「元町・中華街」、3位「センター北」も2年連続で同じ順位だそうです。9位は「辻堂」で、昨年の15位から順位を上げているほか、10位には「湘南深沢」が新たにランクインする結果となったそうです。

また、住みここちの良い自治体の1位は、4年連続で「横浜市都筑区」、2位は、昨年の4位から「三浦郡葉山町」が順位を上げており、3位は、昨年2位の「横浜市西区」でした。9位には、昨年15位の「足柄上郡開成町」、10位には昨年11位の「川崎市麻生区」がそれぞれ順位を上げてトップ10入りしたそうです。

   ◇  ◇

なお、住みここちの良い駅について「生活利便性」「交通利便性」「行政サービス」など、住みここちに関わる8つの因子別のランキングは以下のようになりました。

▽「生活利便性」1位:みなとみらい
▽「交通利便性」1位: みなとみらい
▽「行政サービス」1位:みなとみらい
▽「親しみやすさ」1位:みなとみらい
▽「防災」1位: はるひ野
▽「静かさ治安」1位:はるひ野
▽「物価・家賃」1位:汐入
▽「自然・観光」1位:みなとみらい

また、住みここちの良い自治体についての因子別のランキングは以下の通りです。

▽「生活利便性」1位:横浜市西区
▽「交通利便性」1位: 横浜市西区
▽「行政サービス」1位:横浜市都筑
▽「親しみやすさ」1位:川崎市中原区
▽「防災」1位: 横浜市青葉区
▽「静かさ治安」3位:三浦郡葉山町
▽「物価・家賃」3位:足柄上郡開成町
▽「自然・観光」1位:三浦郡葉山町

   ◇  ◇

なお、今回の調査では、2022年のみの回答(1万3489人)を集計した、神奈川県居住者の「住みたい街ランキング」もあわせて発表されています。

住みたい駅の1位〜3位は3年連続で変わらず、1位は「横浜」、2位は「みなとみらい」、3位は「鎌倉」でした。駅周辺の再開発が進み、JRや東急線など鉄道が6路線利用できる「武蔵小杉」が、昨年から順位を上げて4位にランクインしたそうです。

また、住みたい自治体の1位は「横浜市中区」でした。2位は昨年1位だった「世田谷区」、3位は、昨年2位の「鎌倉市」がそれぞれランクイン。5位には昨年から順位を上げて「藤沢市」がトップ5入りしたそうです。

   ◇   ◇

【出典】
「いい部屋ネット 街の住みここちランキング&住みたい街ランキング2022<神奈川県版>」

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 神奈川県では死にたくないな。病院以外で死ぬと、事件性がなくても警察が特定業者に持ち込んで解剖。葬儀屋経由で遺族に費用請求する。こんなの神奈川だけ。
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

前日のランキングへ

ニュース設定