落札価格は182億円!? メルセデスが手掛けた伝説の名車「300 SLR ウーレンハウト」が海外オークションに

1

2022年05月23日 19:12  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真約182億円で落札 「300 SLR ウーレンハウト」開発者のルドルフ・ウーレンハウト
約182億円で落札 「300 SLR ウーレンハウト」開発者のルドルフ・ウーレンハウト

 メルセデスが手掛けた伝説の名車「300 SLR ウーレンハウト」が海外オークションに出品され、1億3500万ユーロ(約182億円)で落札されました。とてもクルマの取引とは思えない価格ですね……。



【画像】開発当時の「300 SLR ウーレンハウト」



 メルセデス・ベンツ「300 SLR」は、1955年にメルセデスが開発したレーシングカー。当時イタリアで行われていたレース「ミッレミリア」に出場したときには、スターリング・モス選手の運転する車両が優勝を果たしました。



 その後、メルセデスが2台だけ保有していた「300 SLR」を、開発者だったルドルフ・ウーレンハウトが公道を走れるように改造したのが「300 SLR ウーレンハウト」です。



 もともとレーシングカーだっただけにマシンスペックは非常に高く、同時期のドイツのスポーツカーが時速200キロにも届かない中で、最大時速300キロという別格の性能を発揮したそうです。



 182億円もの大金。使いみちが気になるところですが、このオークションで得た収益について、環境科学などの分野の研究に関する奨学金を提供する「メルセデス・ベンツ基金」のために使われることが発表されています。


    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定