西島秀俊、アカデミー賞後初の連ドラ出演 永野芽郁&杉野遥亮の“おじさん部下役”で夢を後押し

24

2022年05月24日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真7月クール火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』に出演する西島秀俊(C)TBS
7月クール火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』に出演する西島秀俊(C)TBS
 俳優・永野芽郁がTBSドラマに初主演する、7月クールの火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』(毎週火曜 後10:00)の主要キャストとして、西島秀俊の出演が決まった。永野演じる若きCEOの“おじさん部下”役を演じる。

【写真】若きCEO役の永野芽郁に恋心… 良きビジネスパートナー役の杉野遥亮

 脚本家・大北はるか氏による完全オリジナルストーリーで、教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」の若きCEO・成川佐奈(永野)らの奮闘と恋を描く。ある日突然、会社の雰囲気とはまったく異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきて、巻き起こる大人の青春ドラマ。

 西島は、そのおじさんサラリーマン・小鳥智志役。昔ながらの地方銀行に約25年勤めていたが、ある出来事から48歳にして転職活動を始め、「ドリームポニー」に採用される。年齢差のある若いメンバーとのギャップやスタートアップ企業の風習に戸惑いながらも、必死に学ぶ日々を楽しみ、新たなやりがいを感じていくというキャラクター。最初はそりがあわない佐奈に対しても、次第に影響を与え合う存在になっていく。

 主演映画『ドライブ・マイ・カー』が米アカデミー賞・国際長編映画賞を受賞後、初の連ドラ出演となる西島。おじさん部下という立場で、若者たちの中でどこかチャーミングに奮闘する小鳥役をどう演じるのか期待が高まる。

 また、杉野遥亮も重要な役柄で出演が決定。佐奈とともに「ドリームポニー」を起業し、最良のビジネスパートナーとして苦楽を共有してきた須崎功役を演じる。優秀なエンジニアである一方、恋愛には不器用で、長年想いを寄せる佐奈との関係に葛藤(かっとう)するキャラクター。映画『東京リベンジャーズ』やドラマ『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』などに続き、2023年のNHK大河ドラマへの出演も決まっている杉野が、仕事と恋愛の間で揺れ動く不器用な須崎のキャラクターを創り上げる。

 『ユニコーンに乗って』は毎週火曜日に新情報を発表しており、来週31日には、永野、西島、杉野とともに働く「ドリームポニー」の個性豊かな3名のキャストが発表される予定。

■西島秀俊 コメント
『ユニコーンに乗って』はプロデューサーをはじめスタッフ、キャスト、本当に若い現場です。新しく気持ちのいい作品を、自由で心地良い現場から生み出そうという雰囲気にあふれています。これは若者たちが現実にぶつかりながら夢に向かって生きていく物語です。僕もまた、まったく違う世代ながらその夢に乗っていきます。
世代や価値観の違う者同士がゆっくりと歩み寄り、やがて尊敬し合う。難しいことだからこそドラマで丁寧に演じたいと思います。素敵な大人の青春ドラマになると思います。どうぞご期待ください。

■ストーリー
成川佐奈(永野芽郁)は23歳で起業した、教育系アプリを手がけるスタートアップ企業「ドリームポニー」のCEO。無謀かもしれないが10年以内にユニコーン企業となり、世界中の人が利用できるようなビジネスにすることを目標に日々奮闘している。しかし、立ち上げ当初こそ急激に成長したものの、次なるサービスの展開が打ち出せず、設立から3年目を迎え、売上・技術ともに行き詰まる毎日に焦っていた。プライベートでも日々仕事を第一優先にしており、恋愛に関して無頓着で、共同創設者の須崎功(杉野遥亮)から密かに想いを寄せられるも、まったく気づいておらず…。

そんな彼女のもとに、ある日スタートアップ企業の雰囲気とは似ても似つかない中年サラリーマン・小鳥智志(西島秀俊)が転職してくる。一回りも歳が離れた小鳥が転職してきたことで、佐奈の環境は大きく変化していく。

最初は小鳥をうとましく思う佐奈だが、その経験の豊富さからくるアドバイスや生き方に助けられ、親しみを持つように。一方、佐奈の絶対的ビジネスパートナーの功も、小鳥の出現により長年胸に秘めていた佐奈への想いが抑えきれなくなり、チームの均整が崩れる危機に。突如仕事と恋のトライアングルに巻き込まれた佐奈たちの、切ない大人の青春模様が動き出す。

このニュースに関するつぶやき

  • 永野芽郁さんが上司役の、イメージがない。ハコバンのドジっ子役を熱演していてとても役と合っていた。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ニュース設定