マジック:ザ・ギャザリング風のカードを生成してくれるAIサイトが人気 入れた単語を元に効果やフレーバーテキストも作成

1

2022年05月24日 08:22  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ねとらぼ(netolabo)で生成したらクリーチャーが生まれました
ねとらぼ(netolabo)で生成したらクリーチャーが生まれました

 AIがカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング(MTG)」風のカードを生成してくれるサイト、「Urzas.ai」が公開され話題になっています。単語を入れるだけで、クリーチャーやインスタントのカードが効果やイラスト付きでできあがります。



【実際に生成された画像いろいろ】



 開発したのは、自然言語処理モデルを手がける企業「Cohere」。MTGの全カードを学習させたAIにより、入力された単語をもとにカードの効果やフレーバーテキストを生成する仕組みを作り上げました。なお、イラストの生成には画像編集アプリ「WOMBO」の技術を使用しているとのことです。



 編集部で試しに「ねとらぼ(netolabo)」と入力したところ、「パワー2以下のクリーチャーを排除する青のクリーチャー」が生成されました。なお、フレーバーテキストは「if you speak in a language I can't understand, I can't understand what you're saying.(理解できない言語で話しても、何を言っているのか分からない)」。……なんだろう、シレッとディスられたような気がする。



 サイトのURLをTwitterで検索すると、多くの生成結果が多数ビット。みなさん、自分の名前で作ったカードの強弱に一喜一憂しているようです。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定