鈴木もぐら、名字5回変わる壮絶人生 1人目の父親に唯一教わったのは「スロットの目押し」

0

2022年05月24日 08:41  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真空気階段(左から鈴木もぐら、水川かたまり)  クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ
空気階段(左から鈴木もぐら、水川かたまり)  クランクイン! 写真:ヨシダヤスシ
 お笑いコンビ・空気階段が23日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系/毎週月曜22時)に出演。鈴木もぐらが、これまで名字が5度変わったという自身の半生を振り返った。

【写真】もぐらは百面相 かたまりはクールに 対照的な空気階段のインタビューフォト

 番組には空気階段の2人がゲスト出演し、これまでの人生をしゃべくりメンバーと共に振り返っていった。

 自身の半生を振り返る中で、もぐらは「名字が5回変わってまして…」と切り出すと、スタジオで驚きの声があがった。最初の父親の姓である白鳥から、離婚した母親の旧姓(鈴木)になり、そこから再婚相手の宇井、そして再度離婚した母親の旧姓に戻り、現在は自身が結婚して妻の姓(非公表)になっているという。

 さらに、父親のキャラクターも強烈だったようで、「1人目の親父は本当にギャンブルが大好き」「唯一教えてもらったのがスロットの目押し」だと明かして、スタジオで笑いが起きる。

 1人目の父親との思い出として、もぐらはわずか5歳の頃に「フィリピンパブ」によく連れていかれていたと回想。店ではたびたび父親から「『おどるポンポコリン』を歌え」と指示を受けて、歌うと他のテーブルの女性が近づいてきて「かわいい! かわいい!」と言ってくれたのだとか。のちにその話を聞いた母親には「それはな、他のテーブルの女の子を自分のテーブルに呼ぶために使われていたんだバカ野郎」と父親に利用されていたことを諭されたと明かし、スタジオの笑いを誘っていた。
    ニュース設定