「キャメル・クラフト」8銘柄の味わいは? 1箱430円で味と品質にも優れた逸品

0

2022年05月24日 11:51  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JTは、キャメルブランドから新シリーズ「キャメル・クラフト」8銘柄を6月10日より順次、全国のコンビニエンスストアやたばこ販売店などで発売する。レギュラー3銘柄とメンソールタイプ2銘柄、カプセル入り3銘柄を展開し、価格はいずれも20本入りで430円。



手頃な価格を実現し、トレンドのフレーバーも取り入れた伝統ブランドの新銘柄の味わいなどを紹介していく。

○新開発のオリジナルブレンドで味と価格を両立



キャメルは1913年にアメリカで誕生し、現在は世界約100の市場で展開される歴史あるたばこブランド。パッケージの『オールドジョー』と名付けられているヒトコブラクダの絵柄でお馴染みの世界でも有数の販売量を誇る有名ブランドだ。


今回紹介する「キャメル・クラフト」は430円という手に取りやすい価格を実現しながらも、同ブランドの味・品質にこだわった新シリーズ。「技の巧みさから生み出される手工芸品」の意味を持つ「クラフト」を商品名に採用し、旨さと香りの引き立つすっきりとした口当たりの良さを特徴とするオリジナルブレンドを新たに開発したという。



1箱20本入りで430円とたばこのなかでは比較的低価格ながら、ラインナップにいまや定番となったカプセルメンソールが含まれている。


バリエーションはレギュラーが1mg、6mg、12mg、メンソールが1mg、5mg、カプセル入りが1mg、5mg、8mgの計8銘柄。レギュラー銘柄はナッツ風の香り、メンソール銘柄は強メンソールの清涼感、カプセル銘柄は強メンソールの清涼感とベリーの香りが楽しめるフレーバーだ。



ナッツ風の香りが特徴のレギュラーは「キャメル・クラフト・12・ボックス」「キャメル・クラフト・6・ボックス」「キャメル・クラフト・1・100ʼs・ボックス」の3銘柄。タール値が12mgの「12・ボックス」は、キャメルらしい甘やかな香りを楽しみやすい1本だ。


強メンソールの清涼感がポイントとなるメンソール銘柄は、「キャメル・クラフト・メンソール・5・ボックス」「キャメル・クラフト・メンソール・1・100ʼs・ボックス」の2銘柄。タール値が1mgの「メンソール・1・100ʼs・ボックス」はライトに吸えて、手軽なリフレッシュにもってこいの喫味。


メンソールのより強い清涼感とベリーの香りが引き立つカプセル銘柄は、「キャメル・クラフト・メンソール・ベリーカプセル・8・ボックス」「キャメル・クラフト・メンソール・ベリーカプセル・5・ボックス」「キャメル・クラフト・メンソール・ベリーカプセル・1・100ʼs・ボックス」の3銘柄。



「メンソール・ベリーカプセル・5・ボックス」のフィルターに内蔵されたカプセルをつぶすと、芳醇な香りが楽しめる。ベリーのフレーバーのせいかたばこ感のある苦味などは控えめな印象。クセがないので万人受けしそうな味わいだった。


軽いドローで煙が溢れてくるなめらかな吸い心地で、メンソールやベリーのフレーバーとの全体的なバランスが好印象。キャメルはもともと低価格帯の商品を目指してつくられてきた銘柄でもあり、「キャメル・クラフト」の発売は長年の愛煙家にも注目されそうだ。(伊藤綾)
    ニュース設定