小池徹平 城田優ら出演『キンキーブーツ』ビジュアル完成 ドラァグクイーン姿など初解禁

21

2022年05月24日 12:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

2022年10月1日(土)より東急シアターオーブにてブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』が上演される。このたび、3年ぶりに主人公チャーリーに変身した小池徹平と、ドラァグクイーン ローラへ変身した城田優のツーショット、そしてメインキャストが勢揃いのハッピーでパワフルなビジュアルが完成した。再び集結したエンジェルスたちのキュートなビジュアルにも注目だ。



2013年、トニー賞で最多となる13部門にノミネートされ、作品賞、主演男優賞(ビリー・ポーター:ローラ役)、オリジナル楽曲賞(シンディ・ローパー)、振付賞(ジェリー・ミッチェル)、編曲賞、衣裳デザイン賞の6部門を受賞したブロードウェイミュージカル『Kinky Boots』。


本作は、経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子チャーリーがドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程が描かれた同名イギリス映画(2005年公開)をミュージカル化したもの。シンディ・ローパーのパワフルで最高に魅力的な書き下ろしの楽曲の数々が大きな話題を集め、この夏にオフブロードウェイでの上演も決定している、今なお人気を集める大ヒット作品だ。


日本では、2016年に初演、2019年に再演され、チケットは全公演即日SOLD OUT。連日の大盛況で、スタンディングオべーションの嵐。日本中を熱狂の渦へと巻きこんだ。そしてこのたび2022年秋、いよいよ待望の2度目の再演となる。


注目の出演陣には、経営不振に陥る靴工場の跡取り息子チャーリー役に小池徹平、ドラァグクイーンのローラ役には新たに城田優を迎える。また、他共演者には、初演、再演に引き続き靴工場で働く従業員のローレン役をソニン、チャーリーのフィアンセのニコラ役を玉置成実、靴工場の現場主任ドン役を勝矢が、工場長ジョージ役をひのあらたが演じる。


誰もが不安を抱える中、大きな愛で気分を引き上げてくれる『キンキーブーツ』、圧巻の歌唱力にダンスと様々なエンターテインメントで魅了し観客の世界を輝かせてくれること間違いなし。多様化の時代だからこそ、自分自身そして、他者との向き合い方を教えてくれる、ブロードウェイミュージカルの最高傑作ミュージカルが2022年再び日本を幸せと感動の渦に巻き込む。世界中の人々が夢中になった『キンキーブーツ』から目が離せない。


<STORY>
イギリスの田舎町ノーサンプトンの老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目として産まれたチャーリー・プライス(小池徹平)。彼は父親の意向に反してフィアンセのニコラ(玉置成実)とともにロンドンで生活する道を選ぶが、その矢先父親が急死、工場を継ぐことになってしまう。
工場を継いだチャーリーは、実は経営難に陥って倒産寸前であることを知り、幼い頃から知っている従業員たちを解雇しなければならず、途方に暮れる。従業員のひとり、ローレン(ソニン)に倒産を待つだけでなく、新しい市場を開発するべきだとハッパをかけられたチャーリーは、ロンドンで出会ったドラァグクイーンのローラ(城田優)にヒントを得て、危険でセクシーなドラァグクイーンのためのブーツ“キンキーブーツ”をつくる決意をする。チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、ふたりは試作を重ねる。型破りなローラと保守的な田舎の靴工場の従業員たちとの軋轢の中、チャーリーはミラノの見本市にキンキーブーツを出して工場の命運を賭けることを決意するが…!




■ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』
【東京公演】2022年10月1日(土)〜11月3日(木・祝)東急シアターオーブ
【大阪公演】2022年11月10日(木)〜11月20日(日)オリックス劇場
【出演】小池徹平、城田優、ソニン、玉置成実、勝矢、ひのあらた 他

このニュースに関するつぶやき

  • どうしても三浦春馬くんと比べられるよね…まぁ覚悟の上なのだろうけどね…
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定