「ゆっくり茶番劇」問題について松野官房長官が答弁 「二次創作は独自に発展した文化と認識」「適切に保護されることが重要」

19

2022年05月24日 17:37  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「ゆっくり茶番劇」騒動について語る松野官房長官(画像はニコニコ生放送から)
「ゆっくり茶番劇」騒動について語る松野官房長官(画像はニコニコ生放送から)

 5月24日に行われた松野博一官房長官記者会見で、「ゆっくり茶番劇」問題についての質問と答弁が行われました。松野官房長官はこの件について、二次創作物の保護について語っています。



【動画】二次創作について語る官房長官



 会見で記者から上がった質問は、「騒動について把握していたか」と「二次創作文化についての所見」の2点。松野官房長官は商標権個別の事案についてはコメントを差し控えるとしながらも、一般論として「二次創作はネットなどにおいて独自の文化として発展したもの」と認識しており、「適切かつ正当に保護されることが重要」と語りました。



 さらに記者からは、第三者が簡単に商標登録をできてしまうことが広く知られてしまったため、法律の改正などが必要になるのではないかと指摘。松野官房長官は、知的財産権の在り方について不断の検討が必要であると考えを述べました。


このニュースに関するつぶやき

  • 権利破棄が確定したら リアル茶番劇だったなと笑話しにもなるんだが 商標登録は昔から度々騒ぎになっとる
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ニュース設定