これぞ巨人の4番!岡本の豪快弾に野村弘樹氏「4番のバッティング」

4

2022年05月24日 20:52  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・岡本和真(C)Kyodo News
巨人・岡本和真(C)Kyodo News
○ 巨人 4 − 2 オリックス ●
<1回戦・東京ドーム>

 巨人の岡本和真が、“これぞ4番”という打撃を披露した。

 0−0の4回、先頭の吉川尚輝がライト前に運ぶと、続く4番・岡本和真がオリックスの先発・山岡泰輔が投じた初球のカットボールをバックスクリーンに突き刺す第13号2ランを放った。

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−オリックス戦』で解説を務めた野村弘樹氏は「自分のスイングを心だけという言う前に、打ってくれましたね。完璧なホームランでした。真ん中高めの甘いカットボールなんですけど、それを一振りで決める4番のバッティングをしましたね。ナイスバッティングでしたよ」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定