キヤノン、APS-Cミラーレス「EOS R10」投入 RFマウントのエントリー機 約12.8万円

17

2022年05月24日 23:21  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「EOS R7」(左)と「EOS R10」(右)
「EOS R7」(左)と「EOS R10」(右)

 キヤノンは5月24日、「EOS R」シリーズで初めてのAPS-Cミラーレスカメラ「EOS R10」を発表した。エントリークラスに属するモデルで、同社はR10と同時にハイエンドAPS-Cミラーレス「EOS R7」をお披露目している。



【その他の画像】



 センサーは約2420万画素のCMOSセンサーで、映像エンジンは「DIGIC X」。常用ISO感度は最高3万2000。HDR PQ撮影に対応する。AFは「デュアルピクセルCMOS AF II」に対応する。人間の瞳や顔、頭部、胴体の検出に加え、犬、猫、鳥の検出が可能だ。モータースポーツ撮影に有効な、2輪や4輪などの乗り物優先モードもある。



 メカシャッターは最高1/4000秒(R7は1/8000秒)、電子シャッターは最高1/1万6000秒。連写は、EOS R7と同様、最高約15コマ/秒の撮影が可能。電子シャッター時でも最高約23コマ/秒(R7は30コマ)で連写でき、シャッターボタンを押す0.5秒前から撮影するプリ撮影にも対応。クロップにはなるが、最高約30コマ/秒で連写できる「RAWバーストモード」もある。



 6Kオーバーサンプリングによる4K(29.97/23.98fps)撮影に対応。クロップであれば4K60pの撮影も可能。その他、1080p/120fpsのハイフレームレート撮影が利用できる。連続2時間の動画撮影が可能。キヤノンのクラウドサービス「image.canon」を使い、YouTubeでのライブストリーミング配信も可能だ。内蔵マイクはノイズキャンセリングに対応している。



 動画撮影時は、レンズ内手ブレ補正に加え、動画電子手ブレ補正を協調動作させることで、安定した手持ち撮影が可能としている。オプションの「トライポッドグリップ HG-100TBR」を装着することで、安定した自撮りが可能。リモコン機能もあり、手元で操作できる。



 ボディは、104万ドットの3インチバリアングル液晶に加え、236万ドットのEVFを搭載。画素数はR7と同じだが、ファインダー倍率がR7は1.15倍に対し、R10は0.95倍と小さくなっている。UHS-II対応のSDカードスロットを内蔵。USB Type-Cポートを内蔵しており、充電・給電に対応する。EOS R7にはないポップアップストロボも内蔵する。重さは本体のみで約382g、バッテリーとSDカードを含めると約429g。



 価格は、本体が12万8480円。EOS R7/R10と同時に発表された、繰り出しタイプの標準レンズ「RF-S 18-45mm F4.5-6.3 IS STM」とのセットが14万3880円、高倍率ズーム「RF-S 18-150mm F3.5-6.3 IS STM」とのセットは17万6880円。発売時期は7月下旬を予定している。


このニュースに関するつぶやき

  • N C Sのフルサイズ用マウントのAPS機が揃ったわけだが、NとCはマウント径が無駄にデカくてブサイク。SはAPS用をフルサイズに転用したから大口径レンズだと異様にくびれてるというジレンマ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定