ヤクルトが延長で劇的サヨナラ勝ち 大久保氏「漫画のような試合展開」

6

2022年05月25日 07:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真延長11回にサヨナラ2ランを放った村上宗隆 (C)Kyodo News
延長11回にサヨナラ2ランを放った村上宗隆 (C)Kyodo News
◆ 村上がこれぞ4番の一打

 ヤクルトは延長11回に村上宗隆のサヨナラ2ランで交流戦白星スタートを飾った。

 同点で迎えた延長10回、今野龍太が連打と四球で無死満塁のピンチで降板。代わってマウンドに上がった田口麗斗は150キロのストレートで清宮幸太郎を三振に切って取ると、続く万波中正の鋭い打球を遊撃手の長岡秀樹が好捕し二死に。最後は、フルカウントから宇佐見真吾を高めの速球で空振り三振。気迫の投球で、日本ハムに勝ち越しを許さなかった。

 そして、延長11回二死一塁で村上が北山亘基の直球をバックスクリーン左へ放り込む劇的なサヨナラ2ラン。交流戦の初戦を劇的な勝利で飾りリーグ首位をキープした。

 24日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』にMCを務めた大久保博元さんは「これはほんとに漫画ですよ。この試合の展開は。普通じゃ考えられない展開ですよ」と驚嘆。

 番組に出演した真中満さんも「この一発、これはやっぱり4番のバッティングだと思いますね。打った瞬間あそこまで飛ぶのはなかなかないんですが、ヤクルトファンにとったらたまらない一撃になりましたね」と興奮冷めやらぬ様子で4番の一打を振り返った。

 続けて田口の好リリーフについては「ノーアウト満塁で本人は『無』と言っていましたけど開き直っていけたと思うんですよ。ボール自体も非常に勢いに乗っていましたし、打てるなら打ってみろという田口の集中力を見ましたね」と快投を称えた。

 同じく解説を務めた井端弘和さんも「田口投手が150キロを超えるボール、僕は一緒にやっていたんですけど見たことなかったので。それを連発していましたからね。それくらい状態が良かったのかなと思いましたね」と語り、「田口投手の良いピッチングからの流れでここで打つのが4番だなと」と投打の殊勲者を称賛した。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

このニュースに関するつぶやき

  • 延長戦までもつれこむ大熱戦の中で、「村上宗隆」は、流石の一発で試合を決めましたね。
    • イイネ!67
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定