新垣結衣も出演「ゴーストブック おばけずかん」主題歌に星野源

2

2022年05月25日 08:20  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
新垣結衣や神木隆之介らが出演する山崎貴監督の最新作「ゴーストブック おばけずかん」(7月22日公開)。その主題歌を、星野源が担当することが決定した。  

その他の大きな画像はこちら



主題歌として起用されるのは、書き下ろしの新曲「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」。主題歌アーティストを決めるにあたり、「コロナ禍が広がった2020年。準備中だった本作の、子供たちが冒険するおばけの世界観を現代的に表現し、幅広い世代に楽しんでもらうための主題歌が必要だ」という兼ねてからの制作陣の熱い想いもあり、今回星野に熱烈オファー、このタッグが実現した。

「異世界混合大舞踏会 (feat. おばけ)」は、イントロからポップな曲調で始まり、サビには「おばけがでるぞ」「うらめしや」というフレーズも使用されるなど、原作の童話「おばけずかん」のテーマでもある“こわいけど、おもしろい!” と重なるような歌詞で「人間とおばけ」という、それぞれ決して交わるはずのない世界線を簡単に超えてしまうような“歌って踊れる”楽曲に仕上がっている。

また、おばけの声を担当している釘宮理恵(図鑑坊役)、下野紘(一反木綿役)、杉田智和(山彦役)もサビにコーラスとして参加しているという、豪華な組み合わせにも注目だ。

今回の主題歌について星野は「彼岸と此岸の境がなくなり、あの世とこの世が入り乱れ、異なる世界が混ざり合って、人間と人間以外が一緒に踊れるような楽曲を作ろうと思いました。制作中、いくつかの楽しい心霊現象に見舞われたので、来ていたおばけたちについでにコーラスを入れてもらいました。遊びと祈りを込め、踊ってしまう呪いをかけたこの楽曲が、劇場の中で主人公たちと一緒に異世界を冒険する皆さんのお守りになれば幸いです」とコメントを寄せている。




元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20220572147.html


このニュースに関するつぶやき

  • 話題性重視ですな。それが良いのか分からないけど。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定